【シャスタおすすめ冬】神々しいシャスタ山、絶景のシャスタ山に遭遇した

☆人気記事

早起きは三文の徳は本当だった?!

熊野古道が世界遺産の登録の理由がすごかった

ハワイの離島はどこがおすすめ?

スポンサーリンク





スポンサーリンク

 

パワースポットマウントシャスタの冬をお伝えします。

 

季節は2月!

神々しいシャスタ山が見られる時期。

真っ白なシャスタ山を見たければ、2月がお勧め!

 

スポンサーリンク

 

神々しいシャスタ山

北からシャスタ山を見ようと、シャスタシティから5号線を北上して97号線へ向かう、

シャスタシティを過ぎると、いきなりもやがかかっている。
シャスタシティのすぐ次の町ウィード(Weed)に着く手間から、真っ白の霧の中。

 

 

車はライトをつけなければ走行できないくらい・・・

あきらめて、シャスタシティに戻ることにした。

 

そ、そそその時。
幻想的なシャスタ山が顔を見せてくれた。

 

Mt Shasta P1313543

blackbutte P1313542

 

感激して、嬉しさいっぱい

 

だけど、無理して北上はせず。
シャスタシティに戻る。

 

 

シャスタシティパーク「シャスタの水・サクラメントリバーの源泉」

シャスタシティに戻り向ったのは・・・シャスタシティーパークのシャスタ水、
サクラメントリバーの源泉ヘッドウォーター(Headwaters)へ

headwaters P1313515

 

mt shasta P1303479

 

次は、キャッスルレイク(Castle Lake) へ向かうことにした。

車を走らせレイクシスキュー(Lake Siskiyou)が右手に見えてきたところで、あまりの綺麗さに車を止めようかと迷っているうちに橋を通り過ぎてしまった。

 

やっぱり気になりレイクシスキューの駐車場へ。

 

シャスタ山絶景のシャスタのおすすめスポット「レイクシスキュー」へ

1月末にもかかわらず、雪が少ないこの冬はパーキングは除雪されており車を簡単に停められた。

そして待っていたものは、湖面が凪。
逆さシャスタ!

 

くっきり!絶景!

Lake siskiyou 2012 0131-1

 

はっきり、言いますと、

これはとっても珍しいのです。

 

なかなか、「逆さシャスタ」の絶景を見るチャンスは難しい

 

気象条件がばっちりそろって、
風がなく穏やかで、
波が立っていないこと。

 

lake siskiyou P1313591

 

偶然にも、この美しい景色にあえて嬉しくて、写真を撮りながらうきうきしてしまう。心は弾んでいるけど、この静寂が心地いい。

 

誰もいなくて、シャスタ山とわたしの静かな時間

冬の静かな湖にたたずむ至福の時間

 

lake siskiyou P1313585

Lake Sskiyou P1313577

冬のシャスタは本当に静か。

ただただ、ここシャスタにいられること、シャスタに来られたことに感謝。

 

 

冬のシャスタおすすめスポット10

冬のパワースポットのオススメはどこ?スピリチュアルスポットおすすめ10選!
冬のパワースポットの旅は、アメリカ・北カリフォルニアのシャスタ山がおすすめです!冬が一番、UFO雲に遭遇する可能性が高いです。 シャスタ山の波動の醍醐味を味わう...

 

シャスタ情報が詳しく載っています

シャスタガイドブック好評発売中! お問い合わせはこちらから
世界のパワースポットのひとつ、 アメリカ・北カリフォルニアにあるマウントシャスタのガイドブックです。 日本語のガイドブックがなかったので、 「シャスタ山の...

 

シャスタ旅行のご質問がありましたら、こちらへ↓

ソウルジャーニーアドバイザー! 旅のコーディネート電話相談窓口を開設
世界の聖地へ、 魂の旅へお出かけになる皆さまへ 私のブログではシャスタの情報を中心に、カテゴリー別に世界の聖地をご紹介しております。 今までに、いろいろな...

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

161人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。