カウアイ島の気温と天気は?カウアイ島旅行の服装と持ち物について


カウアイ島は、ハワイのホノルルの北に位置しています。飛行機で30分のフライトです。

最近は、ハワイのオアフ島から離島への旅も人気です。

カウアイ島に旅行される前に、まずはお天気を確認されると思います。

 

どんなお天気?
どんな服装がいいの?


オアフ島と比べて天気は違うの?

冬のお天気は?
夏のお天気は?
年中、海で泳げるか?

 

ハワイのホノルルは雨季と乾季があるのですが、オアフ島よりも北に位置する「カウアイ島」はどうでしょう?

 

カウアイ島の天気予報とカウアイ島の今の気温を確認できますのでご紹介します。

カウアイ島に出発前に、必要なお天気や気温、服装や持ち物について紹介します。

 

【関連記事】
【ハワイ】安く行く方法とは?格安な時期はいつ?何曜日出発がオススメ?

カウアイ島旅行情報!おすすめホテルとレストラン!観光スポットは?

 

スポンサーリンク

カウアイ島の1年間の気温やお天気について

まず、カウアイ島の場所の確認です。

オアフ島の北に位置します。面積はオアフ島とほぼ一緒。

 

 

まずは、ハワイ・カウアイ島の一年間の気温をまとめました。

  1月 2月 3月
最低気温(℃)  18  19  19
最高気温(℃)  26  26  26
 降水量(ml)  127  76  102
 
  4月 5月 6月
最低気温(℃) 21 21  23
最高気温(℃)  26  27  28
 降水量(ml)  76  76 51

 

   7月  8月  9月  10月  11月  12月
最低気温(℃)  23  24  23  23  22  20
最高気温(℃)  29  29  29  28  27  26
降水量(ml) 51 51 76 102 27 27

 

気温は見ての通り、年間を通じて平均的、
カウアイ島には雨季や乾季は特になく、一年中観光が可能です。

 

夏と冬はありますが、
最低気温と最高気温は20℃~29℃程度で、
1年中ベストシーズンです

 

 

カウアイ島は、地域により差がある

カウアイ島の中心にある、標高1569mのワイアレア山には多量の雨が降ります。

年間降水量約1万mmを記録!世界一位の降水量なんです。

 

↓地図を見ると、真ん中に、ワイアレアレ山が位置しているのがわかると思います。

北東部と南西部で降水量が大きく異なります。

 

【島の中央】
標高1,569mのワイアレアレ山は世界一の降水量

【島の北東部】
ノースショアのハナレイ、プリンスヴィルや東のカパア、ワイルアなどは、曇りや雨の日が多くなります。

【島の南西部】
リゾートのポイプ・ビーチや空港のあるリフエなどは、晴れの日が多くなる傾向があります。

【島の西側】
沿岸部は乾燥しています。

 

雨が多いと言っても、1日中降り続くことは滅多にありません。

どちらかというと、にわか雨、スコールのように、しばらくすると雨が上がることがほとんどです。

貿易風について

カウアイ島の北東側から貿易風が島の中央部にある山間部に吹き付け、雨雲を発生させます。そのため、山間部は非常に降水量が多くなり、年間1万mmを超える雨が降ります。

西側のハナペペ、ワイメアは、湿気を含んだ貿易風が山間部を超えると乾燥した空気となり、晴れが多く気温も高く乾燥した気候です。すご~く乾燥しています。

また貿易風は島の北東方向から吹くトレードウインド(貿易風)が基本ですが、逆の南西方向から湿気を含んだ熱い風(コナウインド)が吹くことがあります。コナウインドが吹く日は、強風で島全体が蒸し暑くなり残念な天気になることが多くなります。

 

ワイメアキャニオンに行く時に、ハナペペ、ワイメアあたりを車で通ると、気温の違いにびっくりされると思います。

赤土の大地に、日差しがとにかく強い!乾燥していて、カウアイ島の北部のような緑の葉っぱや茂った植物はなくなって、雰囲気が全く違います。

 

カウアイ島はとっても小さな島なのに、キャニオンはあるわ、熱帯雨林のような木々が生い茂ったエリアはある、リゾート地はあって・・・とてもバラエティに富んでいます。

また、ビーチもハワイの中で一番数が多いんですよ。それだけ自然がいっぱい残っているということです。

 

天気予報を確認する

天気予報はこちらで確認ください

カウアイ島天気(日本語)

カウアイ島リフエ天気予報 (weather channel)

 

ただ、この天気予報は、リフエ空港になります。

エリアごとのお天気を調べたい場合は、スマホのお天気に地名を入れてみてください。

私もやっています!

例えば

北東・・・プリンスビル、カパア、
南・・・・ポイプ

 

こんな感じで、カウアイ島の滞在中はお天気を入れていてもいいですね。

ただ、あんまりあてにならないこともあります。天気予報が雨になっていても、翌日になったら、晴れになったり、また時間によって、お天気予報は変わっていきます。

出かける直前に、お天気予報を確認して出かけることオススメします。

 

スポンサーリンク

カウアイ島への旅行の服装や持ち物は

基本的には、

夏服の「Tシャツやショーツ(短パン)」です。

 

ただ、夜の冷え込みや冷房対策のための薄手のジャケットやカーディガンがあるといいです。

 

ローカルもですが、旅行者のアメリカ人は、短パンが多いですよ。意外と露出大です。

水着もビキニが主流です。
ビキニの面積が小さい方がローカルって見ていてわかります(^_^)/

 

バッグはリュクサックや斜め掛けできるバッグがオススメです。両手が使えるので便利です。

 

せっかくですから、ゴージャスにホテルでディナーとおしゃれもしたいでしょうから、そういう場合は、リゾートウエア、ワンピース、サンドレスもあってもいいですよ。男性はアロハシャツや普通のシャツのカジュアルスタイルでOKです。

 

ただ、カウアイ島では、そこまで厳粛なドレスコードはないです。意外とみんなカジュアルなんですよ、ビーチサンダルの人も多いです。

ホテル内は、特にクーラーが効いているので、カーディガンやストールなどを持って行ってくださいね。

 

ハイキングに行く時、ワイメアキャニオンやナパリコーストあたりで、スニーカーが必要です。

カウアイ島は赤土なので、新品のシューズをわざわざ買わない方がいいです。赤土で汚れます

 

まとめると・・・

  • Tシャツ
  • 短パン
  • カーディガンや薄手の上着
  • ビーチサンダル
  • 水着
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 帽子

 

カウアイ島では、

 日差しが強い時や日焼け対策で、綿の長袖シャツや薄手のカーディガンを羽織っています。

ハッキリ言って、日差しが強い時は痛いくらいです。日焼けします。日焼けを気にするなら薄手の長袖があった方がいいですよ。

また、車にウィンドブレカーや薄手のパーカーをいつも入れておくと、急に雨が降った時や寒かった時に使えます

カウアイ島ではつもビーチサンダルを履いています。それで十分ですよ♪

ただ、ハイキング用にスニーカーかトレッキングシューズはあった方がいいので、車に入れておくといいです。

ハイキングコースは舗装された道路というより、自然の道で石がごつごつしているところもあるので、ハイキングをしたいなら、ウォーキングシューズは必要です!

 

最後に

カウアイ島のお天気と気温、服装についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

カウアイ島の旅行のポイントは・・・

  • カウアイ島は地域によってお天気が違うので、インターネットで天気をチェックしてから出かけるといいですよ
  • 基本は、Tシャツと短パン!プラス長袖の上着
  • 紫外線が強いので、サングラス、帽子、日焼け止めは必須です
  • 常に水を携帯しましょう!特に夏は1リットルくらい必要です

 

素晴らしいカウアイ島の旅を!

 

【関連記事】
【ハワイ】安く行く方法とは?格安な時期はいつ?何曜日出発がオススメ?

カウアイ島旅行情報!おすすめホテルとレストラン!観光スポットは?

 

【カウアイ旅行に出発前に】

カウアイ島のホテル情報、美味しいレストラン、メディカルハーブ園、カウアイ島のオススメ観光スポットなどは、こちらの写真をクリックしてください!カウアイ島情報が満載です!

 

 

こちらもよく読まれています!

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどに、 旅行や帰省で長期間家を留守にする方もいると思います。そんなときに困るのが・・・ 不在中に届く郵便物や荷物です。...

 

海外旅行に行ってから時差ぼけしてしまったり、日本に帰国してからも時差ボケで、なかなか普段通りの生活に戻れないなんてことをよく聞きます。時差ぼけで、ハワイにつ...

 

スポンサーリンク

 




カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

195人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。