【イタリア・アッシジの観光】所要時間や気候は?フランチェスコの名言とは?2016年の地震の影響は?


イタリアのパワースポットといえば・・・
「アッシジ」

 

アッシジはどんなところか?
アッシジへの旅行の時期、アッシジ観光の所要時間や2016年にあった地震影響についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

アッシジとは

 

聖人フランチェスコの故郷、生誕の地です。

アッシジの町は、丘の上に広がっています。

 

鉄道駅があるあたりは平地になるのですが、丘の上には昔の貴族たちが住み、司教が教会を納めていた時代は貧富の差もかなりあったと思われます。

 

夏はヒマワリの花がアッシジの丘に登る入口に咲いていてとても美しいです(ひまわりは太陽の方を向いて咲いてますので、後姿)

 

世界各地から巡礼に訪れるパワースポット。観光バスでかなりたくさんの観光客、巡礼者が訪れています。

 

巡礼地、教会がメインの観光になるので、イタリアの中では治安は良い方で、平和なエネルギーです。女性の一人旅も安心して旅ができるような、祈りの聖地です。

 

石造りの町並みが美しく、高台にあるロッカマジョーレ(お城)からの眺望もきれいです。

 

イタリア料理も美味しく、
祈りの聖地「アッシジ」はとても素敵な街です。

 

私にとっても、また訪れたい聖地のひとつです。多分行くことになるでしょう(^_^)

 

 

アッシジの場所はどこ?

 

アッシジは、中部イタリア・ウンブリア州、ペルージャ県にあります。

 

ウンブリア州の中心地はペルージャ!サッカーの中田がプレーしていた場所です。

 

大都市のフィレンツェとローマのちょうど中間くらいに位置しています。イタリアの鉄道の駅がありますので、アクセスは鉄道と高速バスになります。

 

 

アッシジ観光に必要な所要時間は?

アッシジは聖人フランチェスコによって有名になっていますので、大聖堂、教会などをどのくらいの時間をかけてみて回るかによって、個人差があると思います。

 

(1)急いでぱっぱっぱ~と見て回るなら、所用時間は一日も可能

(2)フランチェスコのエネルギーを感じたい、大聖堂でゆっくり祈る時間やミサにも参加してみたいのであれば、

↓↓↓

3泊以上がおすすめ。

 

パワースポットでは、

1、その土地のエネルギーを感じること。

2、自然に触れること、町を歩いて散策することが大切です。

 

私のオススメは3泊、4泊くらいが理想です。

 

その土地と自分の波動が、だんだん調整されていきますので、宿泊がオススメです!

 

また、サンフランチェスコが仲間たちと瞑想して籠っていた「カルチェリ」へも行くのであれば、4泊あればゆっくりと過ごすことが出来ます。山登りになりますが、歩いて行くか、タクシーになります

 

大聖堂や教会は、昼休憩があって、だいたい12:00-14:00などは入ることが出来なくなります。

 

観光時間を考慮し、ミサにも出席したければ、事前にスケジュールを確認しておいたらいいです。観光案内所でミサのスケジュールはもらえます。

 

ローマやフィレンツェから移動してくるだけで2時間~3時間はかかってしまうので、観光ができる日数を確保することをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

アッシジ観光にオススメの本とDVD

 

まず、アッシジを訪れる前のおすすめのDVDと本を紹介します

 

1、「アッシジのフランチェスコの映画」DVD

 

フランチェスコのことを理解するのにとてもわかりやすいです。これを見て、アッシジに旅行に出かけられるのがおすすめです。

 

・ブラザー・サン シスター・ムーン (字幕版)

ブラザー・サン シスター・ムーン [DVD]

 

 

2、本「アシジの丘」

フランチェスコのエネルギーを感じて旅するお供にぴったりの本です。私もこれを友人から譲り受け、ぐっとアッシジが近くなり、アッシジ行きが決まりました。引き寄せました~(^_^)

 

山川ご夫妻の本

アシジの丘―聖フランチェスコの愛と光

 

 

3、イタリア観光の定番「地球の歩き方」

アッシジは日本から行く場合は、最寄りの空港はローマかフィレンツェからの移動になりますので、地球の歩き方はとても便利です。

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018

 

A12 地球の歩き方 フィレンツェとトスカーナ 2017~2018

 

 

スポンサーリンク

アッシジの気候は?時期は?服装は?

 

アッシジ観光は、5月~10月がおすすめです。

 

その中で、7月、8月ははっきり言ってとても暑いです。日中に石畳の町を歩くのは、夏バテになる可能性も。

 

春と秋がお勧めです。冬は冷えますよ。

 

イタリアの気象は日本と同じ時期に四季があり、中部イタリアの冬は湿度が高く朝晩冷え込みます。

 

夏は日差しが強いので長袖やサングラスなどあったほうがいいです。

 

アッシジのお天気はこちらで確認してください→アッシジ天気日にちを入力

 

 

2016年の地震の影響は?

 

2016年に8月24日に、Amatrice(アマトリーチェ)辺りの地域で地震がありました。ニュースを覚えていますか?

 

私はたまたま2016年9月下旬にアッシジを訪れたのですが、何の問題もありませんでした。

 

地震の影響で、観光客が大幅に減ったと地元でお話を伺いました。

 

確かに、昼間は観光バスがたくさん来ているのですが、サンフランチェスコ大聖堂を見るのが目的のようで、夕方になると観光客がぐっと減って、とてもとても静かな落ち着いた町に戻っている様子を感じました。

 

 

フランチェスコの祈り

アッシジのことは、フランチェスコなくしては語れないので、

「フランチェスコの祈り」をご紹介します。

じっくり読まれてください。響きます

 

 

神よ、わたしをあなたの平和の道具としてお使いください。

憎しみのあるところに、愛を。

罪のあるところに、許しを。

争いのあるところに、平和を。

疑いがあるところに、信仰を。

絶望のあるところに、希望を。

暗闇があるところに、光を。

悲しみがあるところに、喜びを蒔かせてください。

 

 

おお、神よ、

慰められるよりも、慰めることが、

理解されるよりも、理解することが、

愛されるよりも、愛することができますように。

 

なぜなら、与えることによって、与えられ、

許すことによって、許され、

死ぬことによって、永遠の命を与えられるからです。

アーメン

 

 

 

アッシジのおすすめホテル

ラグジュアリーの眺望がすばらしいホテル

 

キアラ大聖堂に近くて便利なホテル、リーズナブル

 

サンフランチェスコ大聖堂に近いホテル

 

最後に

イタリアの巡礼地、パワースポットでもある「アッシジ」の概要をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

 

とってもピースフルな祈りの地、巡礼地です。

 

ただ、丘の上の町だけを歩いていると、あれ?フランチェスコの感じがしない?

 

ということになるかもしれませんので、アッシジの丘の下、鉄道駅近くの「サンタマリアデリアンジェリ大聖堂」やアッシジの丘のさらに上のスパジオ山の「カルチュリ」へ行くと、ある意味で聖人のフランチェスコを感じられます

 

アッシジに行くと、町を散歩して、教会でお祈りして、ゆっくりと自分と向かいあう時間が取れます。

 

教会めぐりをするのに石畳の町を歩くので、歩きやすい靴や服装がおすすめです。

 

フランスのテロ以降、サンフランチェスコ大聖堂とサンタマリアデアンジェリーク大聖堂の入り口でセキュリティチェックが行わるようになりました。

 

聖地へは導かれるよう旅が始まるので、このサイトに辿り着いた方も、そろそろアッシジ旅行にいかれるのでしょうか・・・?

 

素晴らしいアッシジの旅を!

 

 

サンフランチェスコのエネルギーの写真はこちら

【イタリアのパワースポット・アッシジ】聖人フランチェスコの故郷を訪ねて
アッシジからこんにちは! お元気ですか!イタリア語でペラペラ?といきたいものですが、、、挨拶だけはバッチリですが 、話が始まると急に黙ってしまい、笑顔で身振り手...

 

アッシジの聖フランチェスコの観光名所は祈りの聖地「ラヴェルナ修道院」~ツアー...
 こんにちは! お元気ですか?♪ イタリアよりボンジョルノ! おかげさまで、楽しく旅を続けさせて頂いています(*^_^*) イタリア観光ツアーではなかなか行くこと...

 

 

自分らしい旅をサポートします

ソウルジャーニーアドバイザー! 旅のコーディネート電話相談窓口を開設
世界の聖地へ、魂の旅へお出かけになる皆さまへ 私のブログではシャスタの情報を中心に、カテゴリー別に世界の聖地をご紹介しております。今までに、いろいろな質...

 

 

スポンサーリンク

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

170人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。