台湾旅行女子旅3泊4日!食べ歩きは小籠包と台湾スイーツがおすすめ


初めての台湾旅行に行ってきました!

 

今回の旅の目的は、はじめっから

「食」

美味しいものを食べること!

 

台湾旅行に行くのを決めたのは、1週間前!

 

前から台湾に一度は行ってみたいな~と思っていたので、友人からの誘いに、即答で「一緒に台湾に行く」と返事。出発まで時間が少なかったので、書店で美味しい物の台湾情報収集は出来る範囲で頑張って。あとは友人お任せ! 事前に台湾人のお友達に「台湾おすすめ」を聞いていたので、「初めて3泊4日の台湾旅行」はばっちりでした!

 

すごくすごく楽しかった~ 😛 

 

台湾で食べたいものは・・・「台湾の朝ごはん」「台湾スイーツ」「小籠包」「夜市で売っているシフォンケーキみたいなの」「台湾のフルーツ」、、、などなど、ツボを押さえて、行くことができました!

 

では、初めての台湾旅行のおすすめを紹介します。

初めての台湾旅行「初日おすすめは?」

やっぱり小籠包!

台湾フードで外せません!

 

超有名店は「鼎泰豊(ディンタイホン)」

台湾にも6店舗あります。日本にもお店があります。・・・が、やっぱり本場の小籠包! せっかくなら、本店でも食べてみたいですよね♪

 

そして、先日紹介した「台湾のガイドブック」に載っている「小籠包」のお店はいくつもあって、どこに行くか、すごく迷います。全部のお店に行ってみたいけど、3泊4日だと、小籠包ばっかり食べるわけにもいかないので、迷った末に選んだお店へ行ってきました。

 

で紹介されていた「ベスト3」の中から選びました! 「鼎泰豊(ディンタイホン)」本店もやっぱり行ってみたかったので、2日目に行きました!また食レポを書きますので、お楽しみに♪

 

【台湾旅行】おすすめガイドブック5選!女子旅!食べまくりにおすすめ

 

濟南鮮湯包(ジーナンシェンタンパオ)

まず、初日台湾に到着後に、美味しい昼食にありつきたいと選んだのはここの小籠包!

 

ランチタイム(午後2時半)が終了する前にと、ホテルにチェックイン後、急いでタクシーで向かいました! ちょうど、お店は満席で、店頭で少し待っていたらすぐに入ることができました。

 

お目当ての「小籠包」

「ヘチマと海老の小籠包」

「あさりと冬瓜スープ」をオーダー♪

 

プレーンの小籠包! わーい 😀 

 

 

写真から分かります? 肉汁がいっぱい! 皮は薄く、透き通って見えます!

 

皮が破けたとたんに、スープがじゅわっとあふれてきます! あっつあつを口をほぐほぐしながら、次々頂きます。うま~い! 肉汁たっぷりなのに、どこか後味すっきり。お肉なのに重くない

 

「ヘチマと海老の小籠包」

 

 

へちまがザクザクっと入っていて、食感がよくて、エビの風味が効いていて美味しい! ノーマルな小籠包の肉汁じゅわとは違って、あっさりめ! いけます! 

 

 

この「あさりスープ」が身体に優しく、しみわたります。。。いくらでも入っていく!

 

店内は、ローカルな台湾人でいっぱい。ちらちら、まわりを見渡すと、小籠包とチャーハンを注文している人が多いようで、ガイドブックにも「しらすチャーハン」がおすすめと書いてあって気になっていたけど、お腹いっぱいでチャーハンはあきらめました。

 

追加で、小籠包をもう1つ頼むか、迷ったけど、8個入ってくるので、結局、追加オーダーはせず退散。

 

こちらのお店のシェフは名物兄弟だそうで、ハイアットやシェラトンなどの高級ホテルで腕を磨いたあとに独立してお店を開業。台湾では人気のお店。確かに、とてもにぎわってました♪

 

 

住所 台湾台北市濟南路三段20号
TEL : (+886) 0287737596
営業時間

11:00~14:3

17:00~21:00 

最寄り駅 MRT「忠孝新生駅」

スポンサーリンク

 

台湾の町中を散歩

小籠包は後からお腹にたまってきます。あさりスープも食べたからかな。。。お腹いっぱいで、次にどこに行きたいか? 全く思いつかないので、友人にお任せすることに。

 

まずは散歩して腹ごなし。なんと、他力本願な旅なのだろう♪ ふふふ(*^-^*) 

 

 

路地裏って、なんか楽しい!

 

歩いているだけで楽しい! 

 

 

歩いたルート!

地図を見て、びっくり「24分」も歩いたことになっている!

 

 

初めての台湾の町は、どきどき、わくわく! 見るものすべてが新鮮で、物珍しく映ります

 

 

スポンサーリンク

食後に向かうのはやっぱりスイーツ!「デザートは別腹でしょ」

 

エネラルドグリーンのかわいらしいお店が見えてきました!

 

台湾のスイーツといえば、豆花(ドウファー)

 

 

アイスとホットを選べて、

右がホット「あたたかいシロップ」をかけてくれます。

左は、アイス、かき氷みたいなシロップをかけて頂きます

 

好みによっては、豆乳のシロップもあります。また、少し甘めがお好みの方には甘さも調整できます。「甜一點(ティエン イーディエン)」と伝えてみると甘くしてもらえます。

 

 

店員さんがとても親切で、全く言葉が通じなかったのに、なんとかおすすめを教えてもらって、注文出来ました!

 

 

↑まずは、豆花のベースを選びます。白と黒があり、何が何だかわからずにいると、ハーフ&ハーフができるそうで、そうしました!

 

 

トッピングがいっぱいあって、すごい迷う。見ているだけでは、何かがわからないっていうのもあるけど。

 

人気は、オオムギ、ハト麦!

 

選んだのは、オオムギ(一番右の白)、はとむぎ(白の豆に黒い点がある)、タロイモと芋のだんご、クコの実入り寒天、紫米(ムラサキマイ)

 

 

どれも身体によさそう!

実際に、このお店は産婦人科のドクターがおすすめしているそうで、身体にいいお豆のスイーツ!タンパク質豊富です。

大人気のお店!すごい美味しかったで~す♪ シロップがかかっているのですが、甘さ控えめで私の好み。次の台湾旅行でも行きたいお店NO1です

 

もともと甘いものをそんなに大量に食べることができないので、「別腹ないね~、なんで?!」と言われるくらいだったのですが、台湾スイーツは別腹!なんだか、するするとお腹に入っていく。

豆ベースなので、基本的には植物性。だからなのかな、台湾滞在中は食後に絶対食べたくなる「豆花」、美味しくて、トッピングもヘルシーで、ピーナッツにはとむぎ、白きくらげ、仙草ゼリー、クコの実などなど、お店によっていろいろあります。とってもヘルシー!台湾のスイーツ「豆花」にはまりそう。日本にもあったらいいのにな 😉 

 

住所 台北市市民大道四段73号
TEL (02)8771-6301
営業時間  12:00~22:00
休業日  なし

アクセス: MRT「忠孝復興」駅から徒歩10分。

 

スポンサーリンク

台湾の現地ツアー参加もおすすめ

食べ歩きも楽しいけど、一日くらいは観光して思いっきり遊びたいって、人におすすめはオプショナルツアーです! ランタン飛ばして笑って、千と千尋の神隠しの舞台?!でのお茶タイム!すごくすごく短時間で楽しめました。最高💓

 

九份&十分でランタン上げ体験ツアー!

このツアーの詳細・予約はこちら

 

最後に

初めての台湾旅行おすすめをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

まず、台湾のおすすめNO1の王道「小籠包」台湾スイーツ「豆花」!

 

初日に行きました。2つのお店はちょっと距離はありますが、お腹いっぱいの後、散歩しながら行くことができるのでおすすめです。

 

どちらもめちゃめちゃ美味しいです。

 

その後は、お茶屋さんに行って、初日の夕食、それで終わらず、さらに夜市に行って食べまくった!食べてばっかりの台湾旅行!初日の一部を紹介しました。初めての台湾旅行「グルメ旅」はまだまだ続きます(*^^)v

 

台湾旅行に行って思うのは・・・あれほどまでに食べて食べて、食べまくったのに、全然胃にもたれないんですよね。そして、また数時間すると、食べたくなっちゃうんです、そして、お腹いっぱいそうなのに食べられてしまった。

不思議。。。

 

野菜や豆類を多く使っているのと、薬膳や漢方のようなスパイスが使われているので、そこに秘密が隠されているのかな、と思っています。

 

本当に全部美味しかった台湾。

一番のお気に入りは、豆花(ドウファー)・・・私にしてはまさかのデザート!

 

日本に帰ってきても、食後に食べたくなってます

 

また行きたい!台湾!

久しぶりのアジア旅♪ すごい満喫♪ 楽しいな~

 

★台湾に行きたくなったら、まずはネットで値段を確認しましょう!

まずは、格安航空券の価格チェック!

 

いろいろサイトはありますので、使いやすいサイトで予約を!

★格安航空券エアトリ 

★海外航空券の予約はスカイチケット

 

飛行機とホテルを別々に予約するのは苦手な方は

HIS 台湾旅行パックツアーがおすすめ!

 

HISの台湾ツアーがおすすめ

 

★こちらもおすすめ

初めての台湾旅行!「まず桃園空港でやったこと」タピオカもあるよ

 

【関連記事】


このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

246人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。