【週記】神様と繋がりたいなら沈黙!静寂の中に答えがある!2020/02/15-21


こんばんは~

今週末は連休でしたね。連日コロナウィルスの件で不安を掻き立てられるようなニュースが続いています。ひとりひとりが自分にできることをやっていくことですね。うがいと手洗い!念入りにしていきましょう!

京都は雪・・・そして春の訪れかな?

雪は浄化

先週京都は雪が降り、雪景色なら金閣寺!と最初で最後の雪と思って行ってきて、その後ぽかぽか陽気でこのまま春になるのかな~なんて思っていたら、今年二度目の雪が降りました(2月18日)

雪って寒いからいやだ~というのではなく、雪!わーい!😄嬉しい♪と喜んでいました

 

天気予報で雪かも⁈という情報を前日に知って、もしやもしやと早朝から起きて出かけようと。ただ、京都のお寺は拝観時間が9時からのところがほとんど。お寺や神社によっては早い時間に入れる場所もあるのだろうけど、頭が回りません。

 

そして、雪景色を見に今回は・・・・どこに行ったと思いますか~~~?

 

雪なら北上したらいいのかな?という仮説の元、行ってきました「大原三千院」

 

雪は浄化ですね。凛としたいうより、ツンとした(表現が難しいけど)冷たい空気が身体を包み込み、気持ちがいいくらいの冷たい空気でしたよ。真っ白な雪をみるだけで浄化、そんな気がしたんですよね~。自分の中にあった不要な物が雪と一緒に流されていったのかな。

 

気が引き締まる感じ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大原三千院に行ってきました❗️ 雪は浄化❄️の力がある。 ちらちら雪が降ってたけど、太陽キラキラ 雪は どんどん溶けていって、帰る頃の景色はもう雪❄️はなかった〜 今年2度目の雪だそう。昔ほど積らなくなってるんですって。 人は少なくて、外国人も来てたから、日本人と半々くらいか、日本人が多いくらいかな . . [拝観料金] 大人700円 中高生400円 小学生150円 幼児無料✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨#京都 #kyoto #京都観光 #京都巡り #神社仏閣 #パワースポット #浄化 #雪景色 #京都雪景色 #京都雪が似合う寺 #癒し #寺 #京都観光 #パワースポット巡り #神社仏閣パワースポット #photography #写真撮ってる人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #写真で伝えたい私の世界 #snow #temple #kyotojapan #kyotophoto

Miho Nakayama(@shastamiho)がシェアした投稿 –

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miho Nakayama(@shastamiho)がシェアした投稿

 

詳細はこちら

雪の「大原三千院」を期待して行ってみたら…冬の大原で雪景色?アクセスは?

神様と繋がる

大原三千院でまさかの・・・神様からのメッセージ

 

神様とお話がしたいと思っていたから、手を合わせてお祈りをしていたわけではありません。神様きてきて~、繋がりた~いなんて何も考えていなかった。本殿に到着して、まず寒すぎて足が痛い、靴下をはいていたけど、外みたいな場所で写真を撮って、長い時間お庭を眺めていたわけですから、身体が冷え切っちゃったんですよね。

 

本殿にはストーブが置いてあって、ストーブの横でしばしじっとしていました。ありがたい時間を頂いたので、お礼も言おうと思って、本殿に向かって手を合わせて帰ろうと目を閉じて、スッと頭がOFFになった瞬間に。

 

「なんで神を頼らないんだ~、なんでも自分の力でやろうとしているだろう。それは自我、エゴ。もっと神に任せなさい。神の力を借りて進んでいきなさい」と

 

確かに、、、なんでも自分で頑張ろうとしちゃいます。このブログ運営でも、どうやっていったらいいか? あーでもない、こーでもない、いろいろ考えながらやっているのです。そっか~、まず神と繋がること。

  • 静かになること
  • 沈黙の時間を持つこと

そうだった、忘れていた。忙しい忙しい~、自分で忙しくして、神様が入る場所をわざとのように作っていなかったのは、この私。そういうことなのです。

 

これからは、1分でもいい、5分でも、10分でも、ふっとOFFにしてみよう!そう教えてくれた大原三千院の参拝になりました。神様っていつも本当は繋がっているんですよね~

 

スポンサーリンク

春の訪れ!京都御所はやっぱり最強のパワースポットだった!

京都御所に梅を見に誘われて行ってきました~。京都御所はやっぱり聖地、パワースポットでした。神聖な場所ってまたまた実感してきました。

今まで京都御所に行った時は砂利道を歩いていたんだけど、今回、梅林あたりを歩くと梅の小路になっていて、土の上を歩いていくんです。梅の花に囲まれてのお散歩、そして、小川が流れていてとても美しかったです。実は砂利道より歩きやすい

 

いるだけで心地よくなる場所って、手入れが行き届いていてぴしーとしています。磁場、磁力がある。だからこの場所に京都御所があるのでしょうし、京都御所があるからさらに磁場が高まっていく。そんな感じの特別な場所。この京都御所がある一帯が気が違うんですよね

 

京都御苑は京都市民の憩いの場でもあり、ピクニックもできます。広い! 次はおむすびを持って出かけたい。これから京都御所は春の訪れを感じられます。梅に桃にモクレン、桜とお花のお楽しみが続いていきます。京都御苑は拝観料金もなく無料。いいですよね~

 

京都御苑の梅が素晴らしい!京都御所はパワースポット~メジロと梅~

 

ジムで身体を鍛えています

3キロ増えていた体重も日本に帰ってきてから、そんな量をに食べなくなって(別府と釜山で食べ過ぎでしたから)普通の食事をしていたら元に戻ってほっとして。身体を鍛えることは続けています。

 

ただ京都のお寺巡りをしたり、長時間歩きまわったりすると、筋トレと歩く筋力は違うかな?と思うこともあり、今後は1時間ウォークもしていこうと思います。歩くことは瞑想なので、静かになる時間を増やすって意味でもいいし、歩くことって健康にすごくいいんですよね。

 

ジムの中で、トレッドミル、自転車こぎもありますが、あのローラーの上を走るのは苦手なんですよね。本当は外で鍛えたいタイプ。あのコンクリート空間の中はもともと苦手なタイプ。なので、できることは外で自然を感じながら歩いてみようと思います。

 

自然界からのパワーも頂けるし、鳥のさえずり、木々や花、四季を感じることもできるし、植物のパワーも頂けます。

 

必要な筋力増強の為と体力維持のためジム通いは続けていきます。今月のボディパンプのメニューは過酷。多分私の弱い部分のトレーニングが多いのでしょうね、腕とか肩とか、身体中が今も筋肉痛・・・とほほほ

 

身体が丈夫でないとね。何事も・・・旅行も遊びも体力を使いますから。身体を鍛えたことで、立っている姿勢は少しずつ楽になってきています。インナーマッスルが鍛えられているのかな。効果も感じているので続けます。休んだら筋力が落ちたっていうのもわかったから、気分転換にもなるしジム通いはぼちぼちやっていきます~

 

スポンサーリンク

花粉症かな?

なんだか急に朝起きた時に、鼻がむずむずして、喉がカラカラ。きっと寝ている間に鼻が詰まって口呼吸しているのと、花粉で喉がガラガラになって感想しているんだろう~と思います。朝起きてもっと快適に過ごしたいから花粉症に効果がある「じゃばら」サプリを買ってみました。

今日で飲み始めて5日目。自分でどのくらい効果があるか、只今テスト中です。口コミ評価が凄く高いんですよね~、そして天然素材だから安心。熊野の名物っていうのも前々から知っていたので嬉しくて即買いしました

 

花粉症で大変な人はじゃばらがおすすめです、こちらをご覧ください

花粉症対策にじゃばら!効果大!北山村産のじゃばらは天然素材で安心

 

最後に

神様と繋がりたい!宇宙と繋がりたい!と思うなら、大原三千院に行かなきゃだめとかではないんでんすよ。神社仏閣に行った方がいいとか、パワースポットに行った方がいいとか、そんな必要もない。

 

ただ、自分の内側、ハートが喜んで幸せ~となる瞬間って、思考がOFFになっていて、一瞬ですが沈黙状態になっているんです。愛の波動の中にいるんです。だからその状況をつくればいいだけ。

 

美味しい物を食べに行ってもいいし、行きたいって思う場所に行ってもいい、家でスッと静かになったらいい。思考をOFFにする。考えない。こーしよあーしようと考えない。あーだ、こーだといろんなことを意味付けしない。それだけです。

あ~美味しかった~幸せ!その時って愛の中にいます。愛に満ちています。神社仏閣にいって、あ~きれい! お花を見て、あ~キレイ!美しい!との体験も同じです。

 

そんな風に考えてみたら、神さんと繋がること。宇宙と繋がっているって難しいことではないはず。

 

人生を変えたい!何か抜けない。もやもやを解消したい!浄化や癒しを求めているなら。パワースポット、神社、お寺はやっぱり何かのきっかけになるのではないでしょうか。行ってみたい!と思った場所へ出かけてみたらいかがですか?

 

では

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

また一週間の始まり!楽しく参りましょう

 

スポンサーリンク


いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

256人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。