国内線は空港に何分前に到着?手荷物検査の受付は何分前が締切?乗り遅れ注意!ANA・JAL・ジェットスターで検証


国内線に乗る場合、空港に何分前までに行けばいいか?

手荷物を預ける場合は、出発の何分前までに受付してもらえるか?

 

 

国際線の場合は、出発時間2時間前までにはチェックインが開始され、出発1時間前にはチェックインが締切になるという基準がありますので、早く行っておくのが原則ですが、

国内線の場合はどうなのでしょうか?

搭乗手続きはどうすればいい?

チェックインを早くする方法は?

LCCとANA・JALを検証します

 

飛行機会社ごとに時間を明記しましたので、
目次を利用して、読みたい箇所へジャンプしてくださいね♪

スポンサーリンク

空港には何分前に行けばいい?繁忙期は?

国内線の空港到着時間のおすすめは、

1時間前です。

 

空港に到着してから搭乗までの流れは、

1、チェックイン

2、手荷物を預ける場合は、預けます

3、保安検査場を通過します

4、搭乗口へ

 

この手順になります。

そのため、余裕を持ちながら、時間を持て余さない最適なのは、

空港へ出発の1時間前に到着がおすすめ。

 

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの

繁忙期は、2時間前に到着

することをおすすめします。

 

通常より人が多くなる時期は、

一つ一つの手続きに時間がかかります。

そのため、空港は長蛇の列で

とても混雑しています。

 

搭乗手続きの流れ

まず、簡単に飛行機に搭乗するまでの流れを説明します。

飛行機の出発の1時間前、繁忙期は2時間前に、空港に行った方がいいわけがわかると思います。

 

空港到着

チェックイン

①航空会社のカウンターへ行きます

(ANA・JALは

空港の中央に位置しているのですぐに行けます

ですが、

LCCのジェットスター・ピーチは

ターミナルが離れていたり、空港のとても奥の方だったり、遠い場所がほとんど。

かなり歩く場合もありますので、注意ください)

 

②チェックインする

カウンターに並ぶか、

最近は、二次元バーコードで読み取る機械でチェックインできます

 

時間短縮したいなら

・ANAは、スキップサービスを利用すれば、チェックイン不要

・JALは、タッチアンドゴーを利用すれば、チェックイン不要

手荷物を預ける場合は、手荷物カウンターへ

 

手荷物を預ける

ない場合はそのまま

保安検査場へ

セキュリティチェックがあります

 

保安検査場で長蛇の列で、飛行機に乗り遅れそうな場合は、

「優先搭乗口」があるので、利用をオススメします。

 

⇒ANAやJALは、空港係員がいますので直接相談されてください

 

搭乗口へ

LCCの搭乗口が、

たいていの場合、空港の奥の方だったり、離れていますので、保安検査場を通過してから、また歩くことが多いです。時間に余裕を持って行ってください

 

ここまでで、約1時間くらいかかる計算です。繁忙期は2時間。

 

お土産を買ったり、食事したい場合は、もっと早めに空港に行きましょう!

 

 

繁忙期の注意

(1)手荷物を預けるのに、長蛇の列、

(2)保安検査場でも長蛇の列

そのため、繁忙期は、
空港に2時間前に到着が望ましい

 

スポンサーリンク

ANA

ぎりぎりに行きたい方は、

空港に到着して、

荷物を預けるのは・・・出発の20分前まで。

そこから、移動して、

保安検査場の通過は・・・15分前までに通過

かなり急ぐことになりますね。

 

ただし、

羽田空港国内線の保安検査場の通過は・・・20分前までに変更!

 

2018年12月1日より

羽田空港国内線の全日本空輸(ANA)、AIRDO(エア・ドゥ)、ソラシドエア、スターフライヤーは、2018年12月1日より、羽田空港国内線の保安検査場通過締切時刻が、出発時刻の20分前に変更になりました!

 

他の空港は従来通り、

保安検査場通過締切時刻は出発の15分前

対象空港 変更前
(2018年11月30日まで)
変更後
(2018年12月1日から)
羽田空港(国内線) 出発時刻の15分前 出発時刻の20分前
その他の空港 出発時刻の15分前

(詳細は⇒ANAのweb

 

※ぎりぎりの場合は、

スキップサービスを登録しておいて、

保安検査場を15分前に通過できれば乗れますね

 

ただ、ぎりぎりで焦りますね~、ハラハラ、ドキドキ、そして走るでしょうから、はぁはぁ~~・・・となりますから、早めに行くことをおすすめします

 

手荷物受付終了 出発時刻の20分前
保安検査場を通過 出発時刻の15分前
搭乗口を通過 出発時刻の10分前

 

チェックインは2通りあります

(1)スキップサービスをしておけば、保安検査場を15分前までに通過でいいので早い!(荷物があると時間がかかります)

(2)空港カウンターまたは自動チェックイン機にて必要な手続きを済ませ、出発の15分前までに保安検査場を通過が必須

 

※預ける手荷物のある場合は、出発時刻の20分前までに手荷物カウンターへ

出発の20分前の時刻を過ぎると、飛行機に乗れない場合がある

 

 

夏休み・年末年始・ゴールデンウィークなどは、

特に混雑が予想されるので、

出発の60分前を目安に、手荷物カウンターへ

 

 

JAL

JALもぎりぎりに行きたい場合は、

空港に到着して、

出発の20分前までに、荷物を預ける

そこから、移動して、

15分前までに、保安検査場の通過

 

手荷物受付終了 出発時刻の20分前
保安検査場を通過 出発時刻の15分前
搭乗口を通過 出発時刻の10分前

 

チェックインは2通りあります

(1)JALタッチ&ゴーに事前に手続きしておけば、保安検査場を15分前までに通過すればいいので早い!(荷物があると時間がかかります)

JALタッチ&ゴーとは、

飛行機を予約し購入した時に、座席指定を済ませ、インターネット画面上で「タッチ&ゴー」を利用する「OK」ボタンを押すだけ。事前の手続きは簡単です!

 

保安検査場では、
2次元バーコードを保安検査場の端末機にタッチして「ご搭乗案内」を受け取る。

 

パソコンのプリンターで印刷した2次元バーコード(eチケットお客さま控)や 市内・空港カウンター、旅行会社等発行の2次元バーコード(eチケットお客さま控)、スマホでできます。

 

(2)空港カウンターまたは自動チェックイン機で、必要な手続きを済ませ、出発の15分前までに保安検査場を通過が必須

 

出発時刻の15分前までに、保安検査場を通過して、

二次元バーコードまたは、

ICを「端末にピッ」とかざす

 

スポンサーリンク

LCC

ジェットスター

手荷物受付終了 出発の30分前
チェックイン

出発の30分前

出発ゲート着 出発の25分前までに
搭乗締切 出発15分前

 

【注意】

ジェットスター航空(JQ)の787型航空機により国際線ターミナルから出発する国内線をご利用の場合は、

チェックインは、出発の60分前

 

 

カウンターに行かずに、オンラインチェックインができます!

出発48時間前~1時間前までに、パソコンまたはスマートフォン(ジェットスターアプリ)でできます。

 

【注意】

手荷物受付とチェックインが30分前までですが、

繁忙期でない時も、長蛇の列の場合が多いです。

格安ですので、常に人が多いので、早めに!

荷物を預ける場合は、1時間までに行っておきましょう!

 

時間に間に合わなかった場合

時間に間に合わず、飛行機に乗れなかった場合は、航空会社と購入したチケットによって対応が異なります。

 

予約変更可能な航空券を持っている場合は、出発予定時刻の前に航空会社に連絡すれば、変更が可能です。その際、変更手数料が必要になる場合もあります。

 

LCCの場合は、かなり規定が厳しいので注意が必要です。

 

各航空会社や運賃の種類によって予約変更や払い戻しのルールが違うので、チケット購入時にしっかり確認しておきましょう。

 

それよりも、なによりも、

空港に早めに行きましょう!

 

最後に

国内線の飛行機に乗るのに、何時間前、何分前に行けばいいか?

ご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

航空会社によって若干の違いはありますが、

空港到着時間のオススメは

 

国内線の空港到着は、1時間前

 

繁忙期は、国内線の空港到着は、2時間前

(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始など)

 

航空会社のルールでは、

【手荷物預けのタイムリミット】

ANAとJAL 出発の20分前
ジェットスター

出発の30分前

国際線ターミナルから出発の場合は60分前

 

【ぎりぎりに搭乗できるのは】

・ANAとJALは、保安検査場を出発の15分前に通過

※羽田空港でのANAは20分前に変更(2018/12/1より)

・ジェットスターは、出発ゲート着が25分前(国際線ターミナルから出発の場合は40分前)

 

ぎりぎり搭乗を目安にしていると、混雑した場合や空港着の電車やバスが遅延した場合は、飛行機に乗り遅れてしまう可能性があります。

 

繰り返しになりますが・・・

国内線でお出かけの場合は、

空港到着は出発時刻の1時間前を目安に!

 

また、年末年始やお盆、ゴールデンウィークなど

繁忙期は、2時間前!

 

 

素晴らしい旅を!

飛行機に乗る時から、快適に!

楽しい旅をなさってください。

 

こちらの記事もよく読まれています。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどに、 旅行や帰省で長期間家を留守にする方もいると思います。そんなときに困るのが・・・ 不在中に届く郵便物や荷物です。...

 

スポンサーリンク

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

195人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。