京都「大文字山」初心者向け!森でまったりと小鳥のさえずり聞きながら天国想う


こんにちは!

京都の名所「大文字山」に登ってきました。京都の山の中でも登りやすく、初心者向け。熊野古道ウォークツアーの前にトレーニングでけっこう登っていたんですけど、最近登っていなくてすごく久しぶりに登りました。

 

5月末の清々しいお天気に恵まれ、さわやかな風が吹いてる日でした。最高! 青空の中に雲があり、すごくきれいな景色に出会えました。

 

銀閣寺近くの登り口から「大文字山 火床」までは30~40分なんですよ。ですが、今回は超急なローカルの人のみが知ってる「とんでもない大文字山コース」を上ったので、今すごくすごく筋肉痛です。ふくらはぎがへんです~、明日どうなることか?! 笑

 

鴨川散歩から「大文字山」はよく見えるので、特に最近はよく見えて気になっていて、登りたい!行きたい!となったんです。

 

↓この山ですよ

 

想像以上に多くの京都市民が登りに来ていてびっくりしました。みんな山は空気がいいと思ってきているようでしたよ。すれ違う人のほとんどの人、老若男女を問わず、あいさつしてました。とっても清々しく気持ちよかったです。

とんでもない急な「大文字山のハイキングコース」

 

この急な階段!!!

見てください。

 

まさかの炎天下の中、歩いて「大文字の火床」まで行くしかないです。え~ですけど、帽子をかぶり、タオルを頭にたらして、顔が日焼けしないように細心の防御をして登りました~ 笑(写真はありません)

 

 

途中、ここで休憩してあの階段を眺めていました。

絶景!緑に囲まれ気持ちよかった、暑いけど風が吹いてました~

 

 

いつもと違うコースに行ってみたのです!

 

実は、そんなコースがあることも知らなかったのですが、、、銀閣寺から右折して大文字山の登り口に行ってみると、ちょうど3人組が通りかかったんです。多分、見た感じ60代くらいかな。よく登ってる様子で話し声がよく聞こえてきました。

 

すると、思わぬところから山道に入って曲がったので、、、迷ったけど、山道が好きなので私も3人組に間をあけてついて行ったら、森の中をずっと歩く素敵なコースなんですよね、そして最後があの階段でした。下からあの階段を見た時、びっくりでした~。

 

 

ですけど、すごくトレーニングになりましたよ。次回は普通コースにするか、どうしようか。。

 

 

途中、山道ですごく緑が美しくて、山歩きには最高のコース。人がいないから、またいい!

 

 

スポンサーリンク

大文字山の火床

あの階段をようやく登り切り、、、日差しが強かったから無心になって、一歩一歩登って、日焼けしたらいやだったから下向いて、階段ばかり見ていたら、あっという間でした。登れてよかったです。

 

 

絶景です

 

 

遠くの緑は京都御所です。京都市内が一望できます

 

大文字山の登り口、道案内はこちら↓

⇒大文字山へのアクセス、登り口について

 

大文字山の山頂

大文字山の山頂は、火床からさらに登っていきます。こちらが山頂

 

 

大文字山 466m

 

 

山頂でお弁当を食べて、休憩してる人がいっぱいいましたよ~

 

今日は珍しく、大阪のあべのハルカスまで見えてました。遠くの山々まで見えてました。隣で説明して下さっている常連さんのお話もちょっと聞いてました~(ラッキーでした) 初めて大文字山を訪れた京都市民のおじさまお二人組もとてもマナーがよくて、常連さんに深々と頭を下げられてて、ありがとうございますって何度も言われていて、とても感じが良かったです。

 

 

帰りに素敵な出会いあり

 

大文字山の山頂から「火床」まで戻ってきて、銀閣寺へ下っていきます。今度は、スタンダードコースです。お昼前の時間ですが、どんどん登ってくる人がきてました。

 

 

途中に森の中で木陰になってる場所ががあるんです。普段は休憩もせず通り過ぎますが、今日はさすがに足にきてたのもあったし、森が気持ちよくて、丸太に座り込み、瞑想・・・休憩もかねてね

 

そしたら、小鳥のさえずりが響き渡っていて、思わずビデオしましたの、是非お聞きくださいね。小鳥ちゃんすごく好きなんです。イタリアのアッシジでもそうだったけど、気がいい場所ってね、小鳥たちが高らかに唄ってます。それが、本当に心地がいいのですよ~。歌ってます。天国です

 

 

最後に

京都の大文字山の写真から清々しいパワーが届きますように。

自然は最高です。

 

今日もお読みいただきまして、ありがとうございました

 

 

スポンサーリンク


いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

256人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。