【沖縄パワースポット】久高島は不思議な島!久高島アクセス


沖縄には、たくさんのパワースポットが点在しています。

 

その中でも、祈りの島として今も祈りが続いてる神聖な島があります。

久高島です

 

私も名前だけは、前々から知っていたのですが。。。いつか、ご縁があったら行くのかな~に思っていました。パワースポットは、準備が整って導かれると言われますよね。それぞれの人にとっての魂の故郷に導かれるからです。そして、ベストタイミングで行くようになります。

 

あまり、自分ではりきって、行くぞ行くぞ!としなくても、なるようになるって言うか、タイミング、流れにのっていく方がスムーズなのです。

 

今回も久高島は全く予定していなかったのですが、沖縄旅行に行った時に、友人にいきなり

 

「明日は久高島に行こう!」

 

と誘ってくれ、「えーー!」と嬉しいびっくりになったのです。

 

お天気が雨だったら、もしかしたら、フェリーが出航しない場合は諦めよう、そんな気持ちで出かけた久高島。

 

久高島は呼ばれた人だけが訪れることができると言われていて、フェリーが欠航して行けなくなる人もいるという噂があります。

 

久高島の素晴らしさ、宇宙観、神の島、アクセスをご紹介します。

 

スポンサーリンク

久高島とは

 

久高島は、沖縄本島からフェリーで15分の場所にある、

「神の島」です

 

有名なので、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

久高島という名前は知っていても、、、実際には、なぜか遠くに感じてしまう人が多いのではないでしょうか。私もその一人でした。ですが、沖縄からたった15分なんですよね

 

パワースポットは、呼ばれた時がタイミングなんですよね。だから、遠くに感じてしまうのかもしれません。

 

 

久高島は、琉球開闢(かいびゃく)の祖アマミキヨが天から舞い降りてきて、ここから国づくりを始めたという琉球の中でも聖地中の聖地です。

 

今も島の人々によって神事が行われ、平和への祈りと感謝が捧げられています。

 

本島から近いにもかかわらず、

神聖な気を感じることができる「神の島」

 

島全体が聖域になっていて、各所に祈りを捧げたるための拝所や祭祀場が点在しています。

 

多くの観光客が訪れる石垣島や宮古島、慶良間諸島とは違って、あまりに観光地化されていません。というのも、久高島は琉球王朝時代に神事がとり行われた神聖な神の島だと考えられているからです。

 

↑パワースポットや聖地に詳しい人なら誰でも名前を聞いたことがあると思いますが、斎場御嶽(せーふぁうたき)

 

斎場御嶽は、琉球王朝で最も大切にされてきた聖地なのですが、この聖地から見て東の海に死後の世界「ニライカナイ」があると考えられています。そしてその途中にある神聖な島が久高島なんです。斎場御嶽にはわざわざ久高島から運ばれた石が敷き詰められています。

 

他の沖縄の離島とは異なり、久高島は島全体が神聖な土地として大切にされています。
 
島の観光に際してもルールやマナーを守った行動が必要になります。
 

 

不思議な感覚「久高島へ渡る船の中」

久高島への船は2種類あって、高速船で15分、フェリーで25分です。

 

私たちは、行きは9時発のフェリー、帰りははっきり決めないまま、とりあえず、往復切符を購入していく事にしました。

 

初めて、「久高島」に行くので、どんな島なのだろう? 何を感じるんだろう?と・・・・それよりも、なによりも、お天気も曇り。波も高いので、もしかしたら久高島に行くことが出来なくなるかも、そんな思いで出航の時間を待っていました。

 

それもすべて、神にお任せ、天にお任せです。

 

早めにフェリー乗り場に着いたので、散策してみると・・・近くには「恋人岬」?!

 

 

遠くに♡が見えます。

これはいいサイン?!

\(^o^)/

 

 

船は無事に出航です

いよいよ!

 

どきどき、わくわく

 

 

船に乗り込むと、高波!!!

私は船酔いしないように、必死。

 

 

眠っていた方がいいかな、それとも、外を眺めていた方がいいかな?なんて思いながら、船の座席に座っていました。

 

窓ガラスに、ばしゃんばしゃんと波が、予想以上に激しい

 

酔わないようにしようと、眼を閉じると・・・・

 

突然

 

「おかえりなさい」

「あなたは祈るために帰ってきた」

 

というメッセージがおりてきました。

そして、急に涙がながれていく

 

 

着く前から泣いている?!そう思っている客観的な自分もいるのですが、涙がすっと流れていく、、、(いきなりすぎるから、隣の友人に気付かれないように寝たふりをしながら)

 

 

私は何がなんだかわからず、、、私の過去世?なんだろう? 意味までは理解できなかったけど、久高島は私にとってとても縁が深い場所なんだな~ということだけはわかった。

 

 

「強力なパワースポットは、縁がある人だけ、呼ばれた人だけ行くことが出来る」とよく聞きますが、自分にもこんなことが起こるとは、とちょっとびっくりでした。

 

波が激しいので、とにかく久高島に到着するのを待ちました。

 

 

やっと、久高島が見えてくると、、、

なんとなーく、懐かしい気もするし、美しい島のようで嬉しくなってきました。

 

 

スポンサーリンク

久高島を歩いてまわる

久高島に到着

 

船が久高島に到着すると、

 

さっきの高波はなんだったのか!!!

 

と思うほどに晴れ間がのぞいている。

 

不思議

 

異空間を旅してきたような、

異次元ポケットを抜けてきたような錯覚を感じながら、

久高島に着地

 

 

自転車を借りて散策もできるけど、

私も友人も歩くのが好きなので、

 

島の周囲は8キロを、

歩いて回ることにした

 

道沿いには、海へ繋がる抜け道が繋がっている

 

私たちは、久高島をフェリー乗り場から降りて右回りで歩いて行くことにした(島の南側から東回りで歩く)

 

しばし歩いて、緑の茂みの奥に海につながるようで、、、行ってみると

 

 

 

 

木漏れ日が眩しく、

こっちにおいで~と言われているような感もあって、進んでいくと

 

 

緑を抜けると、

そこは砂浜

 

 

到着して、、、私は愕然とした

 

 

宇宙の果て

世界の果て

異次元空間??

 

 

ここ何なんだろう?いったい・・・

とっても不思議な感じがして、

猿の惑星で取り残された人間になった気持ちでした

 

 

私の久高島のイメージは、神の島だから、キラキラ輝いていて、パワースポットで多くの人が訪れているのでパワーがもらえて、、、なんて思っていたから、

 

想像と違って、あれ?と言う感じにもなっていました

 

が、

 

太陽が海を照らし、いい感じ

歓迎されている?!

と勝手に思ったのでした

 

 

光が柔らかいんですよね~

 

このなんとも知れない

宇宙感、

そして、不思議感

たまらない

 

なかなかこんな景色に出逢えないので、、、本当に不思議でした

 

ちょっと、砂浜を歩き始めて、

一歩一歩、大地を感じながら、歩いていると

意識的に踏みしめていると。。。

 

ハートのサンゴをみつけ、今回の久高島の旅のテーマはハートなのかな? ちょっと嬉しい気持ちになってきました

 

 

そうして、海を再度眺めると、

またもや、光が差し込んでくる

 

歩いているだけで、気持ちは軽く心地よくなっていく

 

 

これが、神の島「久高島」なんだな~

本当に気持ちがいい

 

イシキ浜

私たちは、海岸を歩いたり、また遊歩道へ戻ってたり、、、

 

私はこの時、「祈る」ということをずっと思っていて、

 

何を祈るの?

これから、何を祈ったらいいのだろう?

 

そして、思い出していました。スペイン巡礼でサンティアゴコンポステーラに到着した時に、ヤコブの像にハグして祈ったこと、アッシジで祈ったこと。

 

 

久高島は祈りの島なので、私にもそんなお題がやってきているのですかね。

 

友人に祈る時に何を祈ってるか、とか、どんなことを祈ったらいいのか、今思い出すと、なんか変なこと質問していたな・・・(^^)

 

祈りの島「神の島」は、人々が祈り続けているからこその神聖な空気感が漂っているんでしょうね。

 

 

イシキ浜

海の彼方「ニライカナイ」から来た神様の船が停泊するといわれている浜だそうです。歴代の琉球国王も訪れていた神聖な浜なので、遊泳は禁止されています。

 

 

私はこの道がすごくお気に入り!

自転車だとぱ~~と通っちゃうところ、歩いているとゆっくりとじっくりと。

 

遠く彼方へ、って感じでいいのですよね(^_^)

 

ようやく、私たちは久高島の東側の先端にあるカベール岬に到着

 

カベール岬

 

カベール岬は、

アマミキヨが降り立ったとされる場所。祈りを捧げる神聖な場所

 

 

私は、ここから望む海がとっても好きでした

なんでか、この開けた空間がとっても気に入りました

 

 

 

 

スポンサーリンク

蝶に案内されて

カベール岬から遊歩道を歩いていると、

先ほど、お会いした蝶に再会?!

 

私達を案内するように、ひらひら~と舞いながら

その後、フボー御嶽へ行きました

 

 

フボー御嶽(うぷうがみ)
琉球7大御嶽(うたき)の1つ。男子禁制として知られていますが、現在は女性も立入が禁止されています。

地元民も立ち入り禁止の神聖な場所。

 
なんだか、わからないけど、
フボー御嶽(うぷうがみ)の写真は取れなかったのですみません。
 
神聖だと感じると、軽々しくシャッター切れなくなっちゃいました
 
 
そのかわりに
畑にあった、ハイビスカスです。
これはハイビスカスティーに使われる、ハイビスカスのがくの部分。
ちょうど最盛期でした。

 

 

スポンサーリンク

久高島へのアクセス

車でフェリー乗り場へ

沖縄本島の安座真港から徳仁港まで高速船で約15分、フェリーで約25分

毎日2隻の船が6往復しています

 

久高島は日帰りで十分行くことが出来ます。

朝日や夕日を楽しみたい場合は、泊まることをオススメします

 

久高島への高速船↓

 

【料金】

フェリーくだか
片道料金 往復料金 所要時間
大人 670円 大人 1280円 20~25分
小人 340円 小人 650円
高速船 ニューくだかⅢ
片道料金 往復料金 所要時間
大人 760円 大人 1460円 12~15分
小人 390円 小人 750円

 

【時刻表】

夏期 4月1日~9月30日  冬期 10月1日~翌3月31日
  南城市知念安座真港(沖縄本島側)出港時間 久高島徳仁港出港時間  
1便 9:00 8:00 高速船
2便 10:00 9:00 フェリー
3便 11:30 11:00 高速船
4便 14:00 13:00 フェリー
5便 15:30 15:00 高速船
6便 17:30(夏期) 17:00(冬期) 17:00(夏期) 16:30(冬期) フェリー

 

安座真港

 

安座真港の住所 沖縄県南城市知念安座真 知念安座真1062
営業時間 8:00~17:00
TEL 098-948-7785

久高島の船の料金と時刻表の詳細

 

車が運転できない場合

車がないとなかなか行きにくい場所です、また久高島へはフェリーで渡ります。

車が運転できない人は、ホテル送迎付きのプランがおすすめです!

 

世界遺産群「斎場御嶽(せーふぁうたき)」と、神々の島「久高島」へのガイドツアー

【沖縄・那覇発着】パワースポット巡り★世界遺産群「斎場御嶽(せーふぁうたき)」&「久高島」ガイドツアー

 

斎場御嶽(せーふぁうたき)

沖縄最高の聖地とされる「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、2000年12月に世界遺産に登録。琉球王朝時代には、神職の最高指導者の神女「聞得大君」の就任式や、国の豊穣祈願、雨乞い祈願や国の吉凶を占う儀式などが行われたそうです。

 

 

久高島

沖縄南部、知念半島の東方約5.5kmの太平洋上に位置する細長い島が久高島です。琉球開闢神話では、アマミキヨが降り立った地とされる五穀発祥の地で、神の島とも呼ばれています。

 

久高島のブログ⇒【沖縄パワースポット】久高島は不思議な島!

ツアーの詳細はこちら

 

 

最後に

沖縄のパワ―スポット「久高島」について、アクセス・巡り方を紹介しました

いかがでしたでしょうか?

 

  • 久高島は、沖縄安座真港から高速船で15分
  • 久高島は沖縄周囲はわずか8キロ
  • 島内の移動はレンタサイクルが便利です
  • 歩いて回ることもできます

 

久高島は島全体が「聖域」です。

マナーを守って、久高島へ行きましょう!

 

  • 狭い道や集落の中は狭いので、自転車は注意し安全運転第一で!
  • 開放的な気分になりそうですが、大きな声をだしたり、島に住民の方の迷惑にならないよう
  • 立入禁止・遊泳禁止・キャンプ禁止の場所は守りましょう!
  • 島の動植物・石などは持って帰ることが出来ません。
  • 神の島です。肌の露出は控えめにして、水着で歩く事も控えましょう

 

パワースポットでは、その時その時、それぞれの人にとって必要な事が起きます。そして、必要なことを思い、考えながら、過ごしました。自然のパワーに全身全霊が包まれると、癒されたり、本来の自分を取り戻したり。必要な答えが自ずとわかったり。

 

久高島に行きたい!行ってみたい!と思って調べている方に何かお役にたてたらと思います。

ひとつ、言えることは祈り島です。古くから、神の島とよばれてきた島です。自然のひとつひとつを大切に、住んでいる方々を大切に訪れてください

 

素晴らしい沖縄旅行を!

 

飛行機はここから各社の運賃が一発検索できます
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ 

 

飛行機とホテルパックツアーがお得!
沖縄ツアー 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

195人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。