シャスタのジュニパーベリー、ナチュラルハーブを探して(プルートケイブ)


スポンサーリンク

 

シャスタの写真を整理していたら、

 

「ジュニパー」

 

と突然思い出した

 

 

Juniperとは、アロマセラピーなどで使われるオイルの一種。
浄化、癒し、リフレッシュの効果がある。

 

以前、Lassen(らっせん)に行ったときに、「Juniper Lake」を偶然に見つけて、
そこで貴重な体験をしたから、ジュニパーは何か縁を感じて名前だけはよく覚えていた。

でも、アロマオイルやフラワーエッセンスなどの類のものに、疎い私。
ラベンダー、ローズウォーター、最近覚えたネロリは大好きですが、他は全然わかりません。
ジュニパーの実物も香りも知らなかった

 

5月初旬、アロマに詳しいMさんから「ジュニパーがあなたには必要!」って言われたHさん、
早速、シャスタシティのオーガニックストアに買いに行ったけど、売ってなかったらしい

 

よくよく聞いてみると、プルートケイブ辺りにJuniper 通りがあるらしく、

「野生のジュニパーがあるかも?!」

 

と出かけることにしました。

 

 

シャスタの洞窟「プルートケイブ」へ

 

ちゃんと調べて出かけたらいいのに、行ったらわかるよね~とお気楽な私たち

プルートケイブの駐車場に車を停めて、車のドアを開けた瞬間、

 

セージの香り 

 

何度もプルートケイブに来たことがあったけど、
こんなに野生のセージの香りに包まれたのは初めて!!

 

この少し青味がかった、鼻にツーンと入っていくこの香り

なんて気持ちがいいんだろう!

息を吸ってばっかりで、私は香りだけで癒されてしまった

 

トレイルを歩きながら、

「ジュニパーはどこですか~」

 

洞窟も大事だけど、ジュニパー探しも今日の目的。

 

もちろん、草花は勝手に取ったり、持って帰ってはいけないので、
野生のものを見つけて、目で楽しんで、その場で香りを楽しむってこと

 

ネイティブアメリカンの「No Trace philosophy」(なにも痕跡を残さない)

 

というこの精神を尊重したいと思います。
このシャスタの手つかずの自然、ずーっと大事にしたいですもんね

 

プルートケイブへのトレイルは、普段は、乾燥地域で、夏は暑くて砂漠気候なみ。

ちょうどこの春の時期!!!

 

こんな乾燥した土地にもかわいらしい花が咲いていた。

 

Pluto cave 0511-017 Pluto cave 0511-010

 

Pluto cave 0511-015 

 

「きっとセージみたいなのだよー」

とにかく鼻を使ってにおいをかぐ

 

洞窟までの間、立ち止まってはにおいをかいで~

の繰り返し

 

Pluto cave 051111- 008

 

この木には、ブルーベリーみたいな実がいっぱいなってる!

「食べられるのかな~」なんて、、、

 

あとで、わかったんだけど

これが「ジュニパーベリー」

この実から精油をとるらしいです

 

Juniper 051111- 009

 

いよいよ洞窟へ

まずは、神妙な気持ちで

Pluto cave 0511-023

 

Pluto cave 0511-031

 

プルートケイブは、次元を超えるような洞窟?!

人によって感じ方はいろいろです。

 

このスカイライトから上を見上げると、どこか別の空間が広がっているような。

差し込む光でスポットライトを浴びているHさん

何かを祈っているのかな・・・

 

 

そうだった思い出した!

最近このプルートケイブに白いフクロウがいるそうです。

私たちが行った日は、洞窟の中を歩き始めたら、ぱーっと二羽が別々の方向へ飛び立っていった。

一羽は私たちの頭上を越えて、突然だったのと、あまりのスピードでカメラに収めることはできなかった。

 

はじめは、ばさばさーって音でコウモリかもって怖かったんです。
よく見ると大きさと白っぽい色で、フクロウとわかりました。

そして、帰る時、今度は、二羽が洞窟内に戻っていったようだった

 

これって、何を意味するんだろう…

 

ってずーっとその後考えていました。
そしたら、はっきりとはわからないけど、もしかしたら?ってサインを後になって気がつきました。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。