【シャスタ山情報】パンサーメドウズへの道はいつOPEN?


こんにちは~♪

みほです。

(写真は去年のパンサーメドウズです)

 

7月のシャスタに行く前は、

パンサーメドウズへの道、バニーフラットから上への道路は、

7月14日OPENとなっていたので、グッドタイミングだ!と期待していたのですが、

 

シャスタに到着してみると、、

まだ閉まってました。

 

 

 

 

シャスタ山のゲート

 

シャスタ山5合目あたりのバニーフラットより先の道路は閉鎖中。

昨年は7月過ぎてOPEN。2010年は雪が多く、山開きが一か月くらい遅れたことがあったけど、今年はどうなるのでしょう。

それだけ、2017年の冬に、大雨が多く、雪も多く降ったんでしょう。

7月のシャスタのはずが、訪れた滝や川も、湖、植物の様子は、、、今まで私が見てきた6月みたいな印象を受けました。

それだけ、どこ行っても水の量も多くて、緑がみずみずしくして、花もいっぱい咲いてました。

 

レディングからシャスタに行く途中にある、シャスタレイクも水がいっぱいで、驚いたくらいです。

 

7月のシャスタ山 バニーフラット

 

バニーフラットの駐車場はほぼ満車状態。

本格的な登山客の姿もちらほら、、大きなザックを背負って、

登っていきました。

 

5合目より上の道路がまだ閉まっているということは、

それだけ、残雪があったり、

パンサーメドウズも水が多く、湿原がまだまだぬかるんでいる状態なのでしょう。

 

また、道路をOPENするには、冬の間に道路に落ちた大きな石や、倒れて横たわったままの木などを、すべてきれいにして、整備した上で、OPENになります。

 

 

時期がくれば開くのですから、それまで、無理やり行こうとしなくていいのでは、と私は思います。

 

道路のゲートは閉まっていますが、徒歩で行こうと思えば、行けないことはないのです。

行けないから道路を閉鎖されているわけで、それを越えてまで、パンサーメドウズに行くのはどうかな?と思います。

ネイティブアメリカンの祈りの場所で、とても大切な場所であるので、彼らをリスペクトする上でも、まだ閉まっている時期に、むやみやたらに、踏み込むことは、どうかな、、、と

 

絶対、パンサーメドウズに行かなければならない。

その気持ちって、本当のところなんなのでしょうか?

行ったことがないから、この機会に絶対いきたい。

せっかくきたのだから、一度見てみたい。

いい場所だからこそ、

そういう自分の思いってなんでしょうね、、、

 

なんだろうな。

なんだろうな。

 

どうして、そこまでして、行きたくなるんだろう?

人って、ダメといわれると余計に気になってしまい、何が何でもしたくなる気持ちが出てきます。

 

それは、人間の欲

聖地では、自分のエゴや執着をさらに、わかりやすく見せてくれます。

普段の生活では気付かないことを、あからさまに見せてくれます。

 

シャスタに限ったことではないでね。この話、、、^ ^

 

自分の中にある執着、固執していること、エゴ、

知りたくないし、見たくない、

自分の嫌な部分って、隠してそっとしておくほうが楽です。

でも、どこかで知ってる自分のことだから。。。

 

気づくと、、、、すーと流れ落ちていきます。

 

そんなに、必死になって、なにがなんでもって、もがいたり、自分の考えを押し通さなくても、楽しいことは幸せなことは、向こうから微笑んでやってきます。

 

 

不要なことは、手放して、

今できること、

今の自分の気持ちに従って。

 

ゆるゆると、、

流れに身を任せて、進むことを私は選んでます。

それでいいんじゃないかなって思う。

 

 

ということで、

今回の滞在では、バニーフラットを散策しました

 

やっぱり、自然ってすごい。

偉大です。

 

 

 

 

 

 

 

どんどん奥へ歩いて行くと、

山に近付くようで、多くの木々に囲まれます。

 

駐車場の人の気配が消え、一気に、森の中

たまに吹く風が、何かを語っているように、

木々を揺らします、

 

聞こえるのは、自然の音のみ。

 

静寂

 

時折、聞こえてくる小鳥のさえずりが、、、森と一体化して、響き渡ります。空気に乗って、響いている感じ。

 

 

 

目を閉じて、

シャスタ山を思い、過ごす時間。

気持ちいい。

自然と一体になって行く時間。

特になにもしていないのに、心が穏やかになっていく、

シャスタ山のエナジーに包まれている

 

 

 

 

 


このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

203人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。