シャスタ旅行のアドバイス! 心も身体もすべてシャスタ!ここは聖地シャスタ、シャスタのペースで!!


このwebを見つけてくださり、また見て頂きまして、どうもありがとうございます。

 

素晴らしいシャスタの旅行の前に、
まず、シャスタハンドブックを注文ください♪

ここまで勧めるのには理由があります!

☆聖地シャスタ山が詳しく載っています!
☆シャスタ山の写真がいっぱいです。全カラー!

 

現地に行ってから、、、あれこれ迷うより、ガイドブックを探し回ったり、地図を見ながらオロオロしてしまうよりも、まず今ここで手に入れる方が絶対賢明です!

ここまでして売りたいというより、パワースポット・マウントシャスタで素晴らしい体験をしてほしい!その思いからです。行く前から、シャスタを感じられるというのも最大のメリットです


買われた方々の評判がとてもよく2011年初版から増刷を繰り返し今も継続して販売しているからです。お買い求めはこちらです。どうぞよろしくお願いします

シャスタガイドブック好評発売中!
こんにちは!みほですこれからパワースポット・シャスタ山へお出かけになる方、シャスタのことが気になり始めている方、シャスタの氣を感じたい方、聖地・シャスタ山の...

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

シャスタ旅行のアドバイス その1 心も身体もすべてシャスタ!

web 2 panther 083

 

せっかくシャスタへ行かれましたら、心も体もすべてでシャスタに!

 

どういう意味かといいますと・・・

 

シャスタに着いてもついつい携帯が気になって、普段の日常と同様に仕事の事やいつもの人間関係の事を考えていては、体はシャスタに到着してても心はまだ日本に置き去りってことになっていませんか?

 

せっかく、アメリカまで、シャスタまで旅に出られるのでしたら、日常の考え事、心配事は、ちょっと脇に置いてシャスタの自然を全身で感じられることをお勧めします!

 

 

もし、心配で不安で、なかなか頭から考え事が離れないって方は、、、

シャスタに到着して、シャスタの自然の中、川や湖に行ったら・・・考えていること、不安な事、心配していること、腹が立つこと、嫌な事・・・ぜ~んぶ、自然の中に置いてきてはいかがですか?

 

気になった岩や石、水や緑や木々に・・・そっと置いていく!

 

仕事の話、会社の話は、置いていく、
考え事、心配事も、シャスタに置いていく、

 

 

 

web 2 panther 099

 

 

シャスタは全てを受け容れてれるところ。

 

クリアになったところで、さらにシャスタの自然が包んでくれます

 

本質の自分に触れる時間!

 

水の雫、葉っぱ一枚一枚、歩いている大地・・・今ここ!

 

一歩一歩歩きながら、大地を踏みしめて、
シャスタの大地を感じながら歩いてみて!

 

今自分がいるところに、心も体もあること!

 

web 2 panther 116

 

シャスタで素敵な時間
静かな自分自身の時間を持たれることをお勧めします!

 

web 4b i heartlake 20121011 PA115554 (13)

 

 

 

シャスタ旅行のアドバイス その2 都会でなくてシャスタのペースで

 

とにかく、急がずに、ゆっくりと自然を感じること。

 

いろいろ行きたい気持ちもわかりますが、シャスタの氣、エネルギーを感じたいのであれば、一日2か所くらい回る予定にして、行けたらもう一つのスポットへ行く・・・くらいの予定にするのがいい

 

素敵な場所に出逢ったり、同じ場所でずっとシャスタの自然に溶けているのが本当に気持ちいいからです。

 

忙しい日常生活を送っていて、シャスタに来ても、シャスタの氣に溶け込むのにも時間が必要です。

 

 

だからこそ、ゆっくりと。

 

都会のペースではなく、

まずは、シャスタの自然に合わせて、ゆったりと。

 

シャスタが導いてくれます。

 

聖地シャスタで、素晴らしい時間でありますように!

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

171人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。