ハーブと先住民族との関わり。ハーブを習いながら、聖地シャスタ山のネイティブインディアンを思い出す


今までいろんな場所へ聖地の旅をしてきて、今年の夏は「シャスタ山~カウアイ島の旅」、すべての旅が今の私、これからの私に影響していくなんて、、、全く予想していなかったけど、そうなってきていま~す。

次のステージが始まった!

 

【参考に】
*素敵なことの連鎖の始まり。幸せ、嬉しいって思うことが続いています
*楽しいことの始まり?新しいことが始まった!

 

スポンサーリンク

 

 

ハーブって、ほんとは深かったのね~

 

帰国してすぐ、流れでハーブを習うことになって。あれよあれよという間に進んでいます。既にハーブ講座・基本編の終盤にきていて、、、カウアイ島の旅から戻りまだ一か月も経っていないんだよね~、こんなにライフが急激に変わるなんて!本人が一番びっくりしています。

 

ハーブを実際に習い始めると、、、今まで思い描いていた「ハーブ」の認識を越えています。いやぁ~~、ハーブ深い!

 

シャスタやカウアイ島、熊野、アッシジやルルドもかな、、、聖地への旅を通して、やっぱり最終的には、

 

「私達は自然の一部であること」
「自然と共に生きること」
「自然界からのパワーを頂き、私たちは生きている」

 

 

なんてことを、、、シャスタ山の自然で、カウアイ島の自然、アッシジの自然で気づかされ、自然がとても大切であることを切実に感じていた。自然がないと植物がないと私たちは生きていけないんですよね。自然と共に、、、自然の中に共存させてもらっている。そんな気持ちが強く湧き上がっていたんですよね~

 

それまでは、シャスタ山の自然の中で、自然にとけていくこと。自然が美しい、空気が澄んでいる、きれいな聖水がある、とか~、、、シャスタ山の自然、シャスタ山の波動、シャスタの気ですよね~。パワースポット・マウントシャスタと言われる所以にもなるけど、あのシャスタ山一体の空気感。それによって、癒され、パワーをもらっていたと思っていました。

 

 

それが、ハーブを習い始めると、、、ハーブも自然なんですよね。
こんな小さな葉っぱ、薬草たち。

 

 

ネイティブインディアンとハーブのかかわり

日本でいうと、北海道のアイヌ民族や沖縄の先住民族にも繋がる。アボリジニやエスキモーとか、世界中の先住民族の話がハーブ講座に出てくるなんてね~、全然考えていなかったから、

 

私にとって「ハーブは今!」
今だから、心にすごく響くし、様々な聖地の旅を重ねてきたから、シャスタ山での経験があるから、、、、ネイティブインディアンや先住民族に対して、思いを馳せなんとなくだけどイメージすることができる。彼らが祈り続けてきた自然への畏敬の念も感じることが出来るのだと思う。

 

 

昨日もね、、、ハーブを習っている時に、心にぐっときて、涙が出そうなくらいになったことがあったんですよ~。

 

ハーブは、、、つまり薬草として昔から使われてきた。
言ってみれば、いまの薬の原型と言える。

 

自然界にはたくさんの有用植物があります。
有用植物とは食用や薬用など、様々な用途で人間の役に立っている植物。ですが、その有用植物もすべてが安全かというとそうではなくて、ほんの少量で死に至るくらいの猛毒を持っている植物も存在します。

 

先住民族の人々は、植物の有用性を利用するときは、必ず、
「人を愛する心、大いなる自然に感謝する心」
で使っていたのです。

それは、「人間も自然と共に、全ての命とともに生きている」ことを知っていたから。

 

 

ハーブを習っていて、先住民族の話が時々出てくるんです~。昨日も、私の中にある熱い何かがこみ上げてきて、涙も出そうでちょっとうるうる、体全身にその何かが流れていったそんな感じでした。愛かな~、遠い記憶が蘇ってるのかな~

 

私にとって、先住民族と言えば、真っ先に聖地シャスタ山を思い出します。スウェットロッジに何度も参加してたから、シャーマンのウォーキングイーグルの顔がすぐに浮かんでくる。そして彼らみんな。彼らのあたたかいハグ、彼らのスピリット、すべてはひとつである ONENESS(ワンネス)の精神、鮮明に私に刻まれています。

 

このような経験があらためて、今ここでも蘇り、不思議だな~と思うと同時に、こうなるようになっていたんだね~ こういう順番だったんだな~と思う。でないと、ハーブを習ってなかった、それくらい興味がない分野だと思っていたから。でも、それは違った。自分自身気付いてなかっただけで、ハーブと関わりがある土地を旅していた。繋がりがあった。

 

 

先住民族の精神を知って、大切にと思っていたことが、、、やっぱりそうなんだ~。そういうことなんだな~と深く私の体の奥底に入っていった感じです。

 

「ネイティブインディアンは、7世代先のことまで考えて生きている」
こんな言葉を聞いたことがありませんか?

 

簡単に言うと、自分たちが生きるために必要な食べ物は必要分だけしか捕らない。狩りで動物をしとめる時にたくさん獲物が獲れそうでも必要最小限。撮った物はみんなで分け食べていた。そして環境を大切に、自然を大切に、自然と共に生きてきているのです。そして彼らの意識の中には、他人と自分の境がない。わたしはあなた、あなたはわたしなんですよね。

 

スウェットロッジの聖なる儀式に参加した時もそうだったけど、全ての人を受け容れる。あなたはどこの国の人だから、とか、なにじん? 日本人、アメリカ人、メキシコ人、ロシア? そんな区別は全くなかった。その意識すらない。すべての人を向い入れ、あたたかいハグで、愛で包む。そんな体験があったからこそ、私の中の細胞に入っていったんだろうな~

 

「自然と共に生きていくこと」って、いつもいつも自然の中に行くとか、聖地と言われてる場所へ旅するとか、自然がいっぱいある田舎に住む、、、とかじゃなくて、自然と共に生きることは、今ここで実践できる。どこでもできるのです。私たちの周りには木々や緑があります。多くても少なくても自然があります。

 

 

私にとっては、ハーブとは、

 

習うことで、生活の中にハーブを取り入れることで、植物界からのエネルギーを頂いています。

 

ハーブって枯れてるから、、、もう死んじゃってるって思われてるかもしれないけど。生きてるんですよ。まだまだ植物にとっては意志がある。

 

つい最近、ハーブとして「ローズ」を習ったんだけど、バラの花のハーブです。
それはね、乱暴な扱い、雑な扱いをすると怒って、ローズの成分の中のタンニンという苦い成分を出すんですって。ハーブティを作る時にいっぱい成分が出るようにスプーンで強く押したり混ぜたりしたら、、、、苦くてまずくなるんだって。これって、怒りを表してるって思いません??? 笑(^^)

 

だから、優しく優雅にゆったりと、ローズのハーブに触れ、ローズちゃんを丁寧に扱ったら、本当に気品高い素晴らしい香りをだしてくれて、ローズの効能である、解毒作用はもちろんですが美肌や美白作用にもなるんです。不思議でしょ。

 

いのちがあるのです。

だから、ハーブを使う時は、感謝の気持ちとをもって使っていこうと思います。

 

 

最後に

 

先住民族の人々は、実際にハーブを使う時、祈りを奉げていたのです。
「このハーブは○○のために使います。○○に効きますように」感謝の祈りこめてこれが祈祷です。

 

シャーマンって、薬草、ハーブもつきものですよ。。。言われてみれば、ね?!
浄化用のセージと、日常に使うカモミールハイビスカスなどのハーブティ、バジルとかローズマリーなどのハーブソルトやスパイス類の調味料としてのハーブ、、、、私はそれらを切り離して考えていたけど、同じハーブなんです。

 

私たちが今手にすることができるハーブ、それはネイティブインディアンにも繋がっているし、祈祷や儀式で使われていた、また古い話になると、ドイツで魔女が薬草を使って人々を治療し癒していた、そんな話にも繋がっているのです。

 

 

こんな話を書いていると、シャスタ山の先住民族を思い出します。私の中にある記憶が蘇っているのかな~、
私だけじゃなくて、なにかしら、みんなハーブに関わってるんじゃないですか~?!

すべての経験は繋がっています。シャスタでの体験やドイツを旅したこと、カウアイ島のメディカルハーブガーデン、いろんなことみんな、、、、今に繋がっている。

 

 

自然と共に。
すべての命に感謝。
ありがとう。

 

 

おすすめ記事

楽しい事のはじまり?! 新しいことが始まった!
こんにちは!みほです。実はですね、「わたしは新しい事を始めました」YEAH! やった~!なんです。 最近の流れから、「これなんだ~」「あ~、そうだったんだ~・...

すべては繋がっている! ハーブがボディ・マインド・ソウルに関係してる? ~bod...
こんにちは!みほです。これまでの流れからハーブを習い始め、本当にニューライフが始まっているな~と実感。ブログも新しくなってるし、ネット環境を変更したことでい...
楽しいハーブライフのスタート! ハーブ効果でクリアーマインド?! ハイビスカ...
カウアイ島からの流れで、始まったハーブ講座の受講。あれよあれよという間に進んでいます。いろいろやっていますよ。なんといっても、まず言われたのが、「ハーブを楽...

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


このサイトの運営者

中山みほ

聖地の旅情報と今思うことを綴っています。

シャスタから始まった魂の旅は、スペイン巡礼、熊野古道、イタリア・アッシジ、フランス・ルルド、そしてハワイ、カウアイ島へ繋がっていきました。世界のパワースポットでの神秘体験や幸せの連鎖、お導きの旅の珍道中を写真と共にお伝えします。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

627人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。