【マスクにアロマ】抗ウィルス!マスクスプレーの作り方は簡単?


こんにちは♪

コロナウィルスに感染しないようにマスクは必須! ただマスクは不足していて、手作りマスクや洗ってマスクを使用している人が多いのでは。売ってないですよね。私も洗ってマスクは再利用しています。

マスクの洗い方?洗って使える?

 

マスクをするのは、外部からのウイルスの侵入を防ぐというよりは、自分の飛沫を飛ばさないため、ということのようですが、アロマの持つ抗ウィルス・抗菌作用を利用してマスクにアロマオイルを利用することで抗ウィルスの効果を高めることができるのをご存じですか?

 

コロナウィルスに感染しないように、うがい、手洗いを強化するようになって、うがいはハーブの「ユーカリ」でやっています。マスクにも抗ウィルス作用があるアロマオイルを使用することにしました。

 

ただ、ハーブ・アロマオイルを使用することがコロナウィルスに有効であるかは、日本アロマセラピー学会の発表ではエビデンスがない状況で、絶対に効果がある、効きますとは言えない状況ではあります。

ですが、植物療法、ハーブを使って、抗菌・抗ウィルスをアップさせたり、気分を良くしたり、呼吸を楽にしたり、去痰作用があったり、メリットもたくさんあります。

 

今回は、抗ウィルス・抗菌作用のあるマスクにおすすめアロマオイルをご紹介します。

マスクにアロマで抗ウィルス対策

今回、抗ウィルス・抗菌作用でおすすめするのは「ティートリー」「ユーカリ」のアロマオイルです。手に入りやすく、使いやすい!ハーブショップや通販で簡単に購入できます。

 

マスクスプレーの他にも、デフィーザーにも利用可能です。

ティートリー

「ティートリー」は、オーストラリアなどに自生する樹木で、清潔感に富んだ強い香りを放ちます。かなり香りは強くてツンとします。ティートリーには免疫力を向上させるため、風邪や感染症の予防によく用いられています。

 

オーストラリア先住民のアボリジニはその葉を砕いて傷薬として用いていました。なので、「TEA TREE」と名付けられたとか

 

  • 強力な抗菌作用
  • 免疫力アップ
  • 抗ウィルス作用
  • 抗真菌作用
  • 殺菌作用
  • 抗炎症作用
  • 消毒作用

ユーカリ

「ユーカリ」は、コアラの住み家としておなじみのユーカリの葉から抽出した精油です。鼻にツンとくる鋭い香りが特徴です。強い殺菌力があり、アボリジニの人々は感染症や発熱の際に、その葉を燃やして煙を吸入していました。

 

  • 抗菌
  • 抗ウィルス作用
  • 殺菌作用
  • 抗ダニ作用
  • 去痰作用
  • 集中力を促す
  • 消炎作用
  • 去痰作用

 

今回紹介するユーカリ・ラディアータ(Eucalyptus radiata)の精油は刺激が少ないので、小さなお子さんも使えます。解熱、呼吸器のケアに効果的で、鼻水や痰の切れをよくする作用もあります。

スポンサーリンク

マスクにアロマの使い方!

マスクにアロマオイルを使用する場合は、スプレーを作るのがおすすめです。簡単と言いながら、必要な材料を買いに行ったり、作る手間を考え、なかなか重い腰が・・・と思っている人も多いでしょう、私もそうですよ。

 

この記事を書きながら、やっぱり「マスクスプレーを作ろう」とやる気になったのですから。そんなもんです、

というのも、ティートリーのオイルはそのままマスクに付けることもできるのですが、昨日はかなり香りが強すぎて頭痛がして慌てて、マスクの下に入れたティッシュペーパーを直接鼻につかないようにしたくらい、そのくらい強い!だから、スプレーがおすすめです

 

これから「無水エタノール」「精製水」をドラッグストアに買いに行きます 😀  一緒に作りましょう!・・・と張り切ってはみたものの、無水エタノールもスプレーボトルも売り切れですね。

アロマスプレーの作り方

【準備するもの】

  1. スプレー容器(30ml)
  2. ティートリー精油 
  3. ユーカリ精油
  4. 無水エタノール
  5. 精製水

 

ティートリーとユーカリの両方でもいいし、ティートリー1種類でもできますが、混ぜた方がハーブぼ相乗効果が期待できるかも。

ティートリーとユーカリは、両方とも抗ウィルス・抗菌作用があります。二つのハーブは微妙に作用が異なるので、やはり相乗効果も期待して両方使うのがおすすめです。

 

【作り方】30mlの場合

①30mlのスプレー容器に、無水エタノールを5mlほど入れます。精油を溶かすために入れます。多めでも大丈夫です。

 

②精油を入れて、よく振ります。

・肌に直接スプレーしたいなら濃度1%が目安

  ユーカリ 3滴

  ティートリー 3滴

 

・マスクにスプレーする場合、濃度1〜5%が目安

  ユーカリ 3〜15滴

  ティートリー 3〜15滴

 

※濃度はお好みで調整してみてください。

香りが強く、かなりツンとした刺激、スッキリ鼻に抜ける感じですので、苦手な場合はアロマオイルを少なくすることをおすすめします。

※1%より濃度を濃く作る場合は、お肌には直接スプレーしないでください。

 

③30mlになるまで、精製水を加えていきます。

(白濁したり、熱が発生したりしますが、正しい反応です)

 

【使い方】

①容器をよく振ります。

②マスクの外側に2〜3プッシュ

③マスクを20秒ほど振ります(精油成分がマスクの周りに揮発して香りが溢れてきます)

④マスクを着用してください。

 

※使用は2週間で

※濃度が高いので、顔には使用不可

 

今回のマスク用アロマスプレーの作り方、使い方は、私のハーブの先生のブログを参考にさせてもらいました。福岡市にでアロマスクールを開催されています。ハーブやアロマの情報も載ってますのでご活用ください。

詳細はこちら

マリアリーフ「アロマスプレーの作り方」

 

アロマオイルの選び方

抗ウィルス・抗菌作用には、ティートリーとユーカリがおすすめです。アロマオイルを購入するときの注意点は、天然かどうかです

写真はアロマオイルの裏です。人工的でないのがわかりますよね。

 

植物の成分が抗ウィルス作用があるので、人工的に作られたものは本来の作用はないです。ちゃんとした天然成分の物を購入下さいね。

 

私はたまたまカリス成城のオイルやハーブを使いました。生活の木もおすすめです。

だいたい、5ml程度でも1000円前後お値段がします。100%天然成分の「精油」を選ぶことがポイントです。

 

スプレーもあります、売り切れじゃないといいけど。

 

最後に

抗ウィルス・抗菌作用のあるおすすめな「マスクにアロマオイル」「アロマスプレーの作り方」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

アロマオイルの選び方、実際にスプレーのマスクの使い方も参考にしてください。マスクの内側ではなくスプレーは外側にします!

 

マスクにティートリーのアロマオイルは直接つけることは可能ですが、かなり強力です。つける場合は、マスクの外側の場所もふちにしたり、一旦コットンにアロマオイルを垂らしてから、コットンをマスクの外側にあてるなど工夫してみてください。

 

 

ハーブやアロマオイルを使用して、抗ウィルス・抗菌作用をアップさせていきましょう!免疫力アップのハーブもありますので、生活に取り入れていきましょう

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます! ハーブで健康! ハーブを日常生活に取り入れていきましょう

 

ユーカリとティートリーのマスクスプレー以外の使い方はこちら

アロマで除菌殺菌!香りで癒されよう♪

 

スポンサーリンク


いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

255人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。