サンフランシスコ旅行の必須アイテムは?


シャスタに向かう前にサンフランシスコで3日間過ごしています。

慣れ親しんだサンフランシスコ!
やっぱり楽しい!

懐かしさもあるけど、いつ来てもサンフランシスコ好きだな〜

もっと長い滞在にしておいたらよかったーと

サンフランシスコに着いたら思ってしまう( ^ω^ )

友人に会って、美味しい食事、ウィンドウショッピング、カフェ、ダウンタウンのお散歩

 

スポンサーリンク

 

7月のサンフランシスコのお天気は

霧のサンフランシスコと言うだけあって、朝から霧が立ち込め、ゴールデンゲートブリッジがくっきり見える時と霧にすっぽり包まれている時があります

特に夏は霧が発生しやすく、一日の気温差が大きい。

地形的なこともあり、霧が発生し
朝晩はひんやり
昼間に風が吹くと寒い。まるで冬のよう、

夜は車に暖房を入れ、

昼間の暑い時は、エアコンが必要。

サンフランシスコはとてもユニークなのです。

 

だから、特に夏は冬用の洋服が必需品

夏だからと半袖短パンのイメージでサンフランシスコ旅行に来ると大変なことになっちゃいます

街で、サンフランシスコの大きなロゴ入りの分厚いフリースを着ている人をよく見かけます

それは寒さ対策で、買うしかなかったということでしょう。。。

フリースを記念に素敵です!みんなお揃い^ ^

 

サンフランシスコの人々の服装は?

朝8時にダウンタウンの路線バスに乗り込むと、革ジャンに、ダウンジャケット、分厚いフリースを着ている人、革のロングブーツ、マフラー着用、といろいろ

とは逆に、

Tシャツ、ノースリーブ、サンダル様々

 

人種も入り混じってるから、それぞれの体感温度が違うのでしょう、いろんな人がいろんな服装でいるのは日常。

 

あら、あんな服着てる?!と内心思うことがあっても、誰が何を着ていようと自由だし、それについて何か言う人はいない

素敵なジャケットですね^ ^
とか
まぁかわいいイヤリング!

なんていう、見知らぬ同士での会話はふつう。

 

それぞれの人々のファッションについて、褒めることはあってもその逆はない。

リスペクトしてるのか?
それとも、他人事で関心ないのか?

どんなファッションでどんなお化粧でどんな風にしてても、ジロジロ見られることはない

干渉されないってある意味楽です
自由を感じる

 

聞こえてくる言葉も、英語、スペイン語、中国語、、、など

サンフランシスコはいろんな文化が入り混じっています。

 

まとめ

サンフランシスコは、一年中、防寒着が必要。

ローカルの人は、革ジャンや分厚いジャケットを常に持っています。

過ごしやすい気候で、乾燥してます。夏場にIndian summerといって、とても猛暑が1、2週間あるが、それ以外は比較的涼しい。

サンフランシスコ滞在中は、日中暑くても、必ず、冬服のジャケット、パーカー、ジャンバーなどを必ず持って外出するのが現地流。

じゃないと、夜凍えちゃいますよー
でも夜に寒くなってきても、アイスクリームショップは大繁盛なんだよね〜
アメリカだから、デザートは必須ですね

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。