【シャスタお勧めスポット・洞窟】 プルートケイブの行き方(Pluto cave)


スポンサーリンク
 
聖地シャスタのおすすめスポット「プルートケイブ」に行ってきました。
 
ここは、190000年前にシャスタ山の噴火によって溶岩が固まってできた洞窟。
 

 

 プルートケイブ(Pluto Cave)洞窟への行き方

 

Pluto cave 062510-6

 

場所は、シャスタシティの北側。WEED(ウィード)を過ぎて行ったところにある

シャスタシティからは30-40分くらい。
マクラウドからは、45分-60分くらいをみておけばよい

 

【行き方】

1.高速道路5号線を北へ向かっていき、Weedで97号線の標識に従い「Central Weed」でおりる

2.そのまま進んでいくとWeedの市街地を通り、いつのまにか97号線へ入っていく

3.97号線をそのまま12マイル(19km)進み、A12号線を左折

4.A12道路を3マイルくらい進むと左側に「Pluto cave」と書かれた電信柱が見えてきます

 

 

Pluto cave 062510-01 Pluto cave 062510-02
 

 

【注意】
スピードを出して、ドライブに夢中になっていると見逃してしまいます
気をつけて!!

 

電信柱の目印から、舗装されてない道を進んでいき、ピクニックテーブルがある駐車場に到着!

トレイルの標識があるので、その通りに歩いて行くとだいたい5-10分で洞窟に到着!

 

 

スポンサーリンク

プルートケイブ(Pluto Cave)の中へ

Pluto cave 062510-2

 

今回はM探検隊と私の二人でプルートケイブにやってきた。
M探検隊は、洞窟へぐんぐん進んでいく!?
懐中電灯を手に取り、真っ暗な洞窟へ突き進む!

 

M-pluto 0625-1

M-pluto 0625-2

 

明るい所から、突然暗くなるので、ゆっくりと。。。軍手を持っていたら、岩につかまりながらゆっくり行ける。

おお

見てみて!

 

Pluto Cave 062510-10

 

洞窟の中に、天窓が!
スカイライト!!!

 

 

洞窟の中は真っ暗で怖いと思っていたけれど、素敵なところだった!

異次元空間を体験!

 

M-pluto cave 0625-3

 

M探検隊はスカイライトを越えて、さらに奥へ
そして、ぱっと振り返ってみると・・・わぁ!光が

 

Pluto cave 062510
 
「宝物みっけ!」
金銀財宝、光で宝石が光っているように見える

 

Pluto cave 062510-7

 

洞窟の探検は、初めハラハラドキドキどうなることか?と思っていたが、、、

 

この光のスポット「スカイライト」を見て、この強い光のエネルギーを浴びてパワーアップ!!ほんとに、遠くから見ると、ダイヤモンドでも光ってるんじゃないかな~って。

サプライズギフト!ありがとう

 

Pluto cave 062510-9

 

洞窟の外は、青空が広がっている!
M探検隊の旅はつづく・・・

 

 
スポンサーリンク

訪問する際の注意事項

 

  1. 洞窟内は足場も悪く、暗いので懐中電灯や軍手を持参。
  2. 訪れる際は、スニーカーで。
  3. できれば二人以上で訪れてください
  4. 迷いやすいので、トレイルから外れないように。また帰りも同じ道を歩いて車まで戻るように。

 

 

最後に

駐車場からや洞窟へ入る前のところなど、シャスタ山が良く見えるて、写真スポットです。

洞窟まで行くトレイルは、野生のシャスタのセイジがあります。香りも楽しんで!

 

スカイライトでは、光の入り具合やお天気で、毎回見え方がわかってきます。

もともと、このプルートケイブは、ネイティブインディアンが出産の時に使っていたという説もある。

プルートケイブは好みがくっきり分かれる所、好きな人は一番のお気に入り。ダメな人は、洞窟の中に入りたくない。その時の気持ちを大切に。無理して入る必要はありません。また、ここで、過去世を思い出したり、瞑想してスピリチュアルな体験をしたという話もよく聞きます。

 

すべては本人次第!

選択です。

 

素晴らしいシャスタの旅を!

 

 

シャスタガイドブックお申し込み

シャスタガイドブックの詳細を確認され、
お申し込みは↓クリックしますと、販売サイトBASEにジャンプします。

そのままクレジットカード決済をお願いします。
1冊送料込み1280円
翌日または翌々日に発送になります。

今すぐ購入する

 

 

プルートケイブで見つけたジュニパーベリー

パワースポットは流れに乗って旅をする♪

シャスタ旅行に持って行く物?オススメは時期は?

シャスタ山への観光スポット22とは?アクセスとホテル情報

 

 

スポンサーリンク


より詳しい情報を知りたい方は『いいね!』

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

148人の購読者に加わりましょう

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。