【高野山のアクセス】飛行機で関西空港からリムジンバスが便利!電車ならお得きっぷがおすすめ!


高野山に行ってみたい!

高野山は、宇宙観を体感できるパワ―スポット!

  • 真言密教の総本山
  • 空海が1200年前に開祖

今は外人さんもかなり多いので日本を代表する聖地「パワースポット」と言えるのではないでしょうか。

 

「一度は行ってみたい!」

「でも、どうやって行ったらいいの?」

 

前々から、高野山へ行きたいと思いつつも、なかなか調べる方法もわからず、遠いからと最初からあきらめている人も多いのではないでしょうか。

 

実は、高野山は、関西空港からのアクセスがいいのです!

 

ということは、東京から、福岡から、仙台からも、北海道からも、飛行機とバスや電車を利用すれば、かなりアクセスしやすい場所にあるといえます。

 

空海こと、弘法大師のエネルギーを感じたい!お大師様にお会いたい!標高800mの高野山の宇宙観を体験したい!と思っているあなた!

 

是非その望みを叶えましょう!

簡単な!高野山へのアクセスをご紹介します。

スポンサーリンク

「高野山」へは飛行機で!

全国各地から高野山へ訪れる場合は、飛行機で関西空港を目指すのがおすすめです。

今や、飛行機もANA、JAL、その他にLCCの格安航空会社がありますので、日程によっては安く行くことが可能な時代です!

新幹線や特急などいろんな方法もあると思いますが、今回は飛行機でのアクセスを紹介します

 

まず、飛行機は高いんじゃないの???

と気になる方、飛行機代を調べてみませんか?

関西空港までの飛行機代はいくら?

すぐに、下記のサイトで、航空券の代金を調べることが出来ます!

「出発地」と「目的地:関西空港」を入力すれば、飛行機の時間と料金がわかります

スカイスキャナーで航空券比較検索 

 

例えば、

福岡から行く場合は、こんな感じになります

 

検索をクリックすると、

いろいろな時間帯の料金が出てきます。

 

高野山で素晴らしい時間を過ごすのであれば、2泊3日がオススメです!

 

とその前に、往復の飛行機は何時の便を選んだらいいか、、、

関西空港からの高野山へのリムジンバスの時間にもよりますよね

 

関西空港からリムジンバスで「高野山」へ

スポンサーリンク

関西空港からは直行バスのリムジンバスが便利です!

関西空港第1ターミナルから、高野山(奥の院前)まで

所要時間:約1時間45分

 

【参考】2018年11月の時刻表です

関西空港から高野山へ

 

高野山から関西空港へ

 

時期によって時刻が変わりますので、必ず、事前に調べてください

関西空港から高野山へのリムジンバス

 

片道のバス料金

  大人 小児
関西空港⇔高野山(奥の院前)・大門南駐車場 2,000円 1,000円
WEB事前購入運賃※ 1,800円 900円

事前予約はWEB予約のみで、クレジットカード決済になります
予約⇒「WILLER TRAVEL」

 

関西空港から「高野山」リムジンバス乗り場

第1ターミナル、第2ターミナルのどちらからも乗車可能です

第1ターミナルは、ANA(全日空)、JAL(日本航空)になります。第2ターミナルはLLCです。

飛行機の到着ターミナルを確認ください

関西空港発着案内

 

第1ターミナルは、8番乗り場

 

第2ターミナルは、4番乗り場

 

格安のLCCをご利用の場合は、第2ターミナルに到着します。LCC便は遅延の可能性もありますので、お気を付けて!

 

関西空港から電車で「高野山」へ

飛行機の時間と関西空港から高野山へのリムジンバスの時間がうまく合わない場合は、南海電車を利用する方法があります。

 

関西になじみがない方は・・・「南海電車」と聞いても、ピンときませんよね。

下記の路線図を見てください

青のラインが南海電車です

関西空港天下茶屋(てんがちゃや)野山

関西空港からは、だいたい所用時間:2時間半~3時間

 

関西空港からは、2回乗り換えが必須!

関西空港→天下茶屋へ行く(空港特急で約39分。特急ラピートで34分)

乗り換え

天下茶屋→極楽橋(特急こうやで1時間20分、快速急行で1時間30分。急行で約2時間)

乗り換え

極楽橋→高野山(ケーブルで5分)

 

乗り換え「天下茶屋」と「極楽橋」で、必然的に2回
リムジンバスに比べると荷物を持っての移動になりますので、身軽に!

スポンサーリンク

お得なチケット「高野山・世界遺産きっぷ」

高野山へ電車で行くなら、お得なチケットをゲットしよう!


(出典:南海電車

 

この高野山・世界遺産きっぷの内容は、

  • 電車割引往復乗車券 
  • 高野山内バス2日フリー乗車券 
  • 【特典】拝観料2割引サービス券  (金剛峯寺、金堂、根本大塔、霊宝館)
  • 【特典】お土産1割引サービス券  (珠数屋四郎兵衛、中本名玉堂、高野茶屋 和久)

 

高野山は標高900mに位置し、実は広域なんです。

歩いて回るなんて・・・結構脚力も体力もいりますよ。

地図を見てください!

 


(出典:南海電車

 

奥之院と金剛峯寺までは、歩いたら30分以上はかかります。

バスには乗らないかもしれないと思っていても、、、奥之院を見て回るのにかなり歩きます。それから、また金剛峯寺まで、宿坊まで、食事場所、ゴマ豆腐を食べに行く・・・と歩き回っていては、疲れてしまいます。

 

バスを利用するのをおすすめします!

また、拝観料金が2割引きもとっても嬉しいメリット!

 

例えば、バスの1日フリー乗車券を購入すると、、、1人1日830円です。

この高野山・世界遺産きっぷには、高野山内のバスのフリー乗車券が2日分付いていますので、とってもお得です!

 

「高野山・世界遺産きっぷ」販売場所

なんば(2Fサービスセンター・3F特急券発売所)、新今宮、天下茶屋、住吉大社、堺、羽衣、泉大津、岸和田、貝塚、泉佐野、尾崎、みさき公園、和歌山大学前、和歌山市、りんくうタウン、関西空港、住吉東、堺東、三国ヶ丘、中百舌鳥、初芝、北野田、金剛、河内長野、林間田園都市、橋本

★JTB、knt近畿日本ツーリスト、日本旅行の各主要支店で、なんば、新今宮、関西空港の各駅発着のみ発売。

 

高野山の見どころ

高野山の見どころ、私の絶対オススメは

  • 奥之院
  • 金剛峯寺
  • 檀上伽藍(根本大塔・金堂)

 

この3つは絶対外せないスポットです。

奥之院は、今もなお、弘法大師様がいらっしゃいますので、絶対にご挨拶を!奥之院に行かずして、高野山へ行ったなんてありえないのです。

金剛峯寺は、拝観料を払って絶対中へ入るべき!石庭がとにかく素晴らしい、そして私が行ったときは御説法もお聞きすることが出来まして、とても見どころが多いのです。じっくり拝観しましょう!桜の時期4月下旬、しゃくなげの5月、紅葉の時期はさらに美しいです。

檀上伽藍の根本大塔は、曼荼羅の世界・・・私はここが大好きです。どれだけ長くいても飽きずにずっといてしまう。空海の世界、宇宙空間だと私は感じています

 

根本大塔の中は写真撮影禁止ですので、南海電車さんのお写真をお借りしました

 

すごい迫力ですので・・・(^O^)

是非、実物をご覧ください

 

そして、大事なことがもうひとつありました☆

奥之院は・・・高野山を開いた弘法大師空海が入定した場所に御廟があり、とってもとっても神聖な場所。聖域です。

この御廟の中で、弘法大師は今も生きて瞑想を続けているとされています。実は、毎日食事が届けられているのです!

「生身供(しょうじんぐ)」と呼ばれるその儀式の様子は誰でも見ることが出来ます。

この生身供は1日2回、6:00と10:30に行われています。

 

最後に

①高野山へのアクセスは、関西空港からがオススメです。

全国各地、東京・福岡・仙台・札幌などから高野山へ行くのには、飛行機で関西空港へ行くのが便利です。飛行機代はこちらですぐ調べられます⇒スカイスキャナーで航空券比較検索 

 

②関西空港からのリムジンバスが直行なので、一番簡単!楽です!

奥之院前にバスが停車するのは、とてもメリット!

高野山であちこち見て回る体力を温存できます、またバスの中で十分休息を取ってから、高野山を見て回ることが出来ます。

ただ、リムジンバスは一日一往復になりますので、飛行機の時間に合うかです。そして、バスですので、週末や連休の場合は、交通渋滞の可能性もありますので、時間に余裕を持って出かけるのが大前提です。

 

③高野山まで電車の場合は、「高野山・世界遺産きっぷ」を利用するのがお得です。

南海電車のチケットを購入するときに、忘れずに購入しましょう!空港の各駅発着のみ発売。

 

高野山に行きたい!と思っているあなた!

是非、行ってみませんか?!

空海の開いた「高野山」を訪れることで、空海の世界観に触れ、宇宙空間を体感し、何かの気付きや高野山に今もなお生き続けている弘法大師の教えを肌で感じることが出来るかもしれません。

 

奥之院のあの何とも言えない、聖域たる聖域とでも言ったらいいのでしょうか、あの凛とした空気、あの感覚は訪れた者しか体験できないのでしょう。

素晴らしい高野詣を!

 

スポンサーリンク

【関連記事】


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

195人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。