高野山に今行ったらめちゃお得!熊野もwelcomeキャンペーンがある?

スポンサーリンク




 

ラインのお友達追加お願いします。ブログやSNSでは伝えられない聖地最新情報をお伝えしてます

友だち追加

 

 

今を変えたいなら熊野へ。パワースポットに行くとやっぱり早い!

気付きや学びがあって、あなたの人生が追い風になっていく~!

 

詳細はこちら

↓↓↓

12/24-25 熊野ツアー「聖地巡りと神秘青の洞窟遊覧船」

 

□2023熊野ツアー早見表

 


こんにちは!

今聖地に行きたいなら、高野山か熊野がお得ですよ~

 

高野山では、お得なプレミアム商品券の販売が始まります。簡単に言うと、2,000円の商品券で5,000円分になるというもの。以前もありました(≧▽≦)

 

熊野では、三重県熊野市に宿泊すると2,000円の商品券がもらえます。ただし、1グループ2名以上の場合です。(熊野観光協会

2022高野山プレミアム商品券

 

「聖地高野山応援プレミアム付商品券の2期販売について」

 

今回販売の聖地高野山応援プレミアム付商品券 (2期販売分)」購入対象者と商品券の利用方法が1期販売分とは違いますのでご注意下さい。

 

購入対象者 :販売期間中商品券取扱事業所として登録している宿坊及び簡易宿泊所に宿泊した町外在住の方

 

商品券 :1冊 5.000円(500円券10枚)プレミアム率60%

販売価格 :1冊2.000円(1人1泊につき1冊購入可能)

販売期間 :令和4年5月20日(金曜日)から令和4年11月30日(水曜日)まで

利用可能期間:令和4年5月20日(金曜日)から令和4年11月30日(水曜日)まで

発行総数 :15.000冊(予定冊数売り切れ次第終了)

※事前予約購入はできません

 

利用店舗等 :商品券取り扱い事業所登録のある高野町内の店舗、事業所、宿泊施設等

販売場所 :高野山宿坊協会 (中央案内所) (高野町高野山600)

TEL 0736-56-2616

販売受付時間:午前8時30分から午後5時 (期間中無休)

(詳細:高野山宿坊協会

利用する場合は、免許証などの身分証明者が必要ですので、必ずご持参くださいね!

 

 

ごま豆腐のスイーツ美味しかったです。高野山はごま豆腐が有名なんですよ。美味しいお店があります

【高野山お土産5選】絶対オススメの美味しい物

高野山での食べ歩きと時間配分

 

高野山の見所

 

高野山に行くなら、絶対行くべき最強パワースポットは、「奥の院」です。以前、高野山滞在時間が午後だけということがありました。お昼ご飯を事前予約して精進料理を頂き、どこか散策しよう~と思っていて

 

  • 壇上伽藍
  • 金剛峯寺
  • 奥の院

 

このいづかの一カ所しか行く時間がありませんでした。たまたま精進料理を頂いた宿坊のお坊さんにお聞きしたら、迷わず「奥の院です」と言われました。空海こと弘法大使は、835年に入定しました。今も毎日朝6時と10時に空海の食事が運ばれています。これを「生身供(しょうじんぐ)」と言います。初めて高野山に行ったのは2013年、熊野古道を歩いた時です。高野山からの小辺路を歩き熊野へ行きました

 

熊野古道の小辺路情報はこちらです

【熊野古道・小辺路】3泊4日コース!地図と宿泊情報!高野山から熊野本宮大社

⇒「熊野古道体験記①」ミラクルな旅の始まり

 

高野山情報はこちらを参考にしてください

【高野山まとめ】アクセス!宿坊!お土産!名物のごま豆腐!パワースポット紹介します

 

高野山に行くなら、是非宿坊に泊まってみてください。朝のお勤めに参加もできますし、精進料理もたべることができます。それぞれの宿坊によって趣は若干異なりますが、お庭もきれいで楽しめます。私のおすすめ宿坊は下記を参考にしてください。清浄心院はよく知ってますので、もし行かれたら「中山美穂ブログで知りました~」とチェックインの時に言ってくださったら、お話が弾むかもしれません(*^▽^*)

 

5月、6月、7月あたりまではまだ宿坊の外人さんの予約で満室とはなってないようですので、今のうちに高野山にも行かれたらいいと思います。高野山は外人にめちゃくちゃ人気だったんですよ~。ほぼ満室状態。しかも、外国人は高野山に何泊もして散策する方がほとんどでした。日本人みたいに日帰りとか、一泊とかはほぼいない。外国にはない風景ですからね。めちゃ人気スポットでした

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます

素晴らしい高野山の旅を!

 

 


ツアーを探す

いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

275人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。