12月グアム旅行の服装は?気温は?グアムの恋愛運アップのパワ―スポットってどこ?


年越しをグアムで 🙂 

極寒の日本を脱出して、南国の旅!

と、年末から年始にかけ「グアム旅行」 を予定されている方も多いですよね?!

 

グアムは1年通して日本の夏のような暑さで、平均気温が27~28℃とほとんど差が見られない亜熱帯気候、南国です!

日本が冬の11月・12月・1月でも海に入ることができます。

11月後半くらいからクリスマスイルミネーションも見られます。

 

日本との温度差がありますので、
冬のグアム旅行の旅の準備になって・・・・

服装はどうしようか?」
「何を持って行ったらいい?」
「日本出発からグアムまでの服装は?」
「空港まで着ていた冬服、コートはどうする?」

なんて考えるのではないでしょうか・・・

12月のグアム旅行の服装や持ち物、気温について紹介します。

恋愛運アップのおすすめパワースポットもご紹介します♪

 

スポンサーリンク

冬のグアムの気温とお天気


(出典:https://welove.expedia.co.jp/destination/usa/25353/)

グアムと東京の気温を表にまとめてみました。

    グアム 東京
12月 最高気温 30℃ 12℃
最低気温 24℃ 4℃
1月 最高気温 30℃  9℃
最低気温 24℃  1℃
2月 最高気温 30℃  10℃
最低気温 23℃  2℃

グアムには乾季(11月~5月)と雨季(6月~10月)の2シーズンがあります。

12月・1月・2月のグアムは乾季にあたります

 

乾季は・・・
湿度も低く晴れた日が多くなり、南国特有のスコールの回数が減り、南国ビーチリゾートへの旅行に適したシーズンとなります。

ただ、まったく雨が降らないというのではなく、スコールが降ることもあります。

乾季のシーズンらしく良い天気が続くときもありますが、雨が降ることもあります。

ただ、雨は一日中降り続くことはほとんどないので、ビーチ遊びも十分に満喫できます。

 

冬のグアム旅行の服装は?

冬のグアムは基本的に夏服でOKです。
Tシャツ・半ズボンにビーチサンダル!

 

グアムの日差しは日本よりもはるかに強いので、
日焼け止め、
サングラス、
帽子、
日傘は必需品です。

 

ショッピングセンターやレストランなどの室内は冷房がすごく効いていて寒いくらいです。羽織ることができる長袖が1枚あれば安心です。

 

日本出発時にコートを預ける

スポンサーリンク

 

出発する空港で、グアム旅行中の期間、ジャケットやコートなどの防寒具を預かってもらうサービスがあります。または、コインロッカーを利用する方法もあります。

かさばる冬のコートは預けて、身軽に旅するのがオススメです。

参考までに、成田空港、羽田空港、関西空港のコート預かりサービスを紹介します。 

 

成田空港 受付時間

料金

QLライナー 6:30~最終便

4日間:1,030円

5-7日間:1,340円

8-10日間:1,540円


以後10日間毎:510円

GPA 6:30~22:00

5日間まで1,130円

5日-10日まで
1,700円

以降10日毎、
620円加算

JALエービーシー

【出発】
南4F
北4F 

7:00~最終便

4日間:1,030円

5-7日間:1,340円

8-10日間:1,540円

以後10日間毎:510円

JALエービーシー

【到着】
南1F
北1F 

6:00~最終便

 

羽田空港 受付時間 料金

日本空港テクノ

2階の到着ロビー

3階の出発ロビー

24時間
営業

一日200円

 

関西国際空港  受付時間  料金

北ターミナル

JALエービーシー

06:15-22:30(1F)

06:30-22:30(4F)

4日以内 1,030円

5日目から1日ごとに210円加算)

南ターミナル

関西エアポートバゲージサービス

06:30-22:30(1F)

07:00-21:00(4F)

4日以内 1,030円

5日目から1日毎ごとに210円加算

 

ダウンなどコンパクトにたたんで持っていく方法

ユニクロの収納袋付きのダウンジャケットをお持ちですか?

小さくたためるダウンジャケットをお持ちなら、わざわざ空港でコートを預ける必要はなくなりますね。空港までは寒いのですので、グアムに行くとはいえ、しっかり防寒して空港までは行くことをオススメします。

 

また、フライト時間4時間くらいですが、飛行機の中も冷房が効いていて、寒い場合もありますから、洋服をグアム仕様にしてしまいところですが、一枚一枚、暑くなったら脱いでいく方法をオススメします。

 

空港まで着てきたダウンは、機内ではひざ掛けにしたり、クッションとして使ったり、コンパクトにまとまるので手荷物に入れておけばいいですね。

 

恋愛運アップのグアムのパワ―スポット

「TWO LOVERS SPOT」

グアムのパワ―スポットをご紹介します!


(出典:https://welove.expedia.co.jp/destination/usa/16762/)

恋愛運アップのパワースポット

といえば「恋人岬」です。

この場所が「恋人岬」と言われるようになった伝説?!があるそうです。

スペイン統治の時代の話だそうで、、、悲運な恋愛スト―リーと納得していたら、

なんと!本当の話と全く違っていた?!

 

グアム政府観光局のHPを調べてみると・・・

物語の主人公は、許されない愛で結ばれたチャモロの恋人たち。男は高い身分(マタオ)の出身でしたが、女は身分が低く(マナチャング)、マテオが格下の者たちと交わることは厳しく禁じられていました。

グナトン村のマテオの男は若く美しいマナチャングの娘と恋に落ち、駆け落ちします。マテオの仲間にかくまってくれる味方は見つかりませんでしたが、それでも娘と別れようとはしませんでした。

男の親族に追われ、若い恋人たちはしばらく鬱蒼とした森林や険しい岩場を放浪しますが、頼るもののない悲惨な暮らしにやがて絶望。死を覚悟した2人は石を積んで墓にすると、そこに悲しい愛のしるしである赤子を横たえました。 そして行き場を失って途方に暮れた2人は、海に面した高い断崖の頂上へ登り、髪で互いを結びつけてしっかり抱き合い、眼下の波間へ身を投げたのです。

この岬はスペイン人に「カボ・デ・ロス・アマンテス(恋人たちの岬)」と名づけられ、現在では「プンタン・ドス・アマンテス(2人の恋人たちの岬)」として知られています。(グアム政府観光局

ガイドブックなどに載っているよく知られている話とは男女の身分が逆になっていて、読んでいて、、、あれ???と思っていたら。

続きがあります。

物語はその後、スペイン人を登場させるために次のように変更されました。

かつて遠い昔のこと、スペインがマリアナ諸島を領有した時代にグアハンの首都ハガニアに、ある一家が暮らしていました。父親はスペインの裕福な商人、母親は偉大な「マガラヒ(チャモロの族長)」の娘でした。

長女は誠実で慎ましく、素朴な魅力が評判の美しい娘でしたが、ある日、父親は娘の意思に反して有力なスペイン人将校との結婚を決めてしまいます。

ところが娘はチャモロの普通の青年と出会って恋に落ち、愛を誓いあうことに。

2人の関係を知って怒りに駆られた父親は、スペイン人将校との結婚を一刻も早く進めようとしますが、娘は恋人と落ちあって行方をくらましてしまいます。

父親と将校、そしてスペイン兵士は総出で恋人たちを(タモン)湾の断崖へ追いつめました。2人は崖の淵と迫りくる兵士たちに挟み撃ちにされてしまったのです。

愛しあう2人は長い黒髪で互いを結びつけ、最後のキスを交わすと、死の世界へ飛びこみました。その後、2人の姿を見た者はいません。

現在、2人が飛びおりた場所は「恋人岬(プンタン・ドス・アマンテス、トゥーラバーズ・ポイント)と呼ばれています。この区画は修復・整備され、今でも訪れる観光客は2人の恋人たちの伝説に親しみ、グアムの海岸線屈指の高台からの絶景を堪能しています。(グアム政府観光局

グアム政府観光局に、ちゃんと変更したことも書かれているんですよ。隠しているんではないんですね~、文化の違いでしょうね。観光ガイドさんも恋人岬の伝説については、「諸説ある」と言っています。

 

現在は・・・
幸福祈願や恋愛成就の聖地として、
世界中からの観光客に人気のグアムのパワースポットです。

 

ハートロックウォール
ハート型の南京錠に名前を書き、フェンスにロックすると結ばれると伝えられる

園内のギフトショップで、ハート型の南京錠は6ドルでを購入できます


(出典:http://japan.visitguam.jp/koreta/no18/)

 

ラブ・ベル

新潟県柏崎市と静岡県伊豆市の「恋人岬」と姉妹岬提携をしていて、伊豆市土肥町から「幸せの鐘」が贈られています↓


(出典:https://welove.expedia.co.jp/destination/usa/16762/)

 

恋人岬からの眺望は最高です!

海抜122mの展望台、
タモン湾からイパオ岬までの大パノラマが一望できます。

恋人岬の展望台は入場料3ドルが必要です

恋人岬(Two Lovers Point, Puntan Dos Amantes)
公式サイト:http://puntandosamantes.jp
住所:Tamuning, Guam
時間:7:00~19:00

 

 

最後に

冬のグアム旅行の服装、気温についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

12月のグアムは乾季のシーズン、気温も27度前後と南国です。服装は夏の服装で大丈夫です。紫外線対策に、日焼け止め、サングラス、帽子を持っていく事をオススメします。

すばらしいグアム旅行を!

 

 

旅行出発前に!これはやった方がいいです!
安心してお出かけください♪

郵便物の配達を止める方法!旅行や帰省の出発前に!宅急便も止められます!
年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどに、 旅行や帰省で長期間家を留守にする方もいると思います。そんなときに困るのが・・・ 不在中に届く郵便物や荷物です。...

 

スポンサーリンク

 




カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

170人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。