【別府観光】おすすめはむし湯と絶景露天風呂!~珍道中の巻~


別府温泉を満喫してきました~(^O^)

すご~く、すご~く楽しかったです。

 

福岡からの1泊2日の別府温泉の旅は、珍しく車ではなく博多駅から特急ソニック!これがとても楽でよかったのでおすすめ☆

電車の旅は、気分が変わります

 

初日は、別府マラソンの応援、翌日は温泉三昧の旅になりました。

夜は、冬の大分といえば・・・ふふふ

あれです!あれを食べなきゃ~ということで、美味しい料理もご紹介します(^O^)

 

とっても楽しく、幸せいっぱいな旅になりましたので、別府温泉の見どころをおすすめスポットをご紹介します

電車の旅「別府温泉」

初日はマラソン応援①

博多駅から別府温泉へは約2時間

博多駅8:22→別府到着10:34

 

 

九州を旅するときはほぼ車だったので、電車の旅はとても新鮮でした

まず、別府駅前で

なんだこれ~と思うようなオブジェ

 

 

ぴかぴかおじさんのそばには、別府ならではの温泉がありました。

 

2019年にはラグビーのワールドカップが開催されるようで、町中たくさんのポスターが飾って盛り上げていました

 

別府駅の到着から、嬉しくてわくわく。

まずは、ホテルに荷物を預けるために駅前のホテルへ

 

初日は、別府大分マラソンの応援なので、まずは腹ごしらえ!

昼食に選んだお店は、海鮮丼が美味しいと評判のお店♪

マラソンは12時スタートなので、11時頃にお店に行って、はやめのお昼と思って行ってみると・・・

 

なんと、すでに満席!

順番待ちの紙に名前を書いて待っているけど、、、いくら待っても呼ばれない。

 

どうしよう?

 

11時半にやっとお店に入ることができ、海鮮丼だから、ご飯にお刺身を載せるだけでだからすぐ出てくるだろうし、10分で食べたらいいかな・・・

 

テーブルに案内され、お茶を飲みながら、ドキドキ、時計をみてばかりでそわそわ。どうなるのだろう?海鮮丼が運ばれて来たら、そんなに早く食べることができるのだろうか?というより、いくら待っても、お料理は来ない。

 

はらはら、どきどき、、、そうしている間に、時間は11時50分

 

これは、無理じゃない???

 

そもそも、別府温泉の旅は、マラソン応援がメイン!

 

それなのに、行列の店で海鮮丼を食べてて、マラソン見逃した!なんて、福岡から大分まで特急に乗って行っているのに、、、

 

ありえない!!!

ですよね。

 

私たち二人は、どきどき、はらはらした30分くらいを過ごし、あきらめました。

こんな人気店とあらかじめ知っていたら、11時前に行って並んでいれば食べることができたのでしょうけど・・・これも流れで仕方ない

 

別府に行かれる方にはおすすめです!

海鮮いづつ

この海鮮丼を食べるつもりが~

お茶だけ頂いて、お店を後にしたのでした

(食べログから写真を掲載しています)

 

※ここからはマラソン応援の実況中継になるので、別府の観光スポットを知りたい方は、次の項目へワープしてくださいね♪

別府観光へ

 

私たちは、お店を出て、すぐにマラソンランナーが走る大通りへ

どこから見るのが、、、見やすいか?

ドキドキ、、、いつ来るか?

見つけられるのだろうか???

 

別府駅から近い「ときわデパート」よりやや大分市方面にある、ショッピングモール「夢タウン」の向かい側あたりでランナーを待っていました

 

ちょうど、5キロ地点より近いから、、、4キロ地点位でしょうか?

先頭集団が、あっという間に私たちの前を走り抜けていきました。

42.195kmも走るのに、速度が速い!オリンピック選手も混じってるくらいなんだから、当然です。そのスピードを目の当たりにすると、、、びっくりしますよ(素人なもんで(^O^))

 

知人はゼッケン番号が600番台なので、、、スタートも先頭集団より少し遅れてのスタート

もうすぐ、来るかな?来るかな?

 

私の友人Kちゃんは、目印のTシャツを振りかざしながら、とにかく走っている人全員に声援を送っていました。

 

大きく手を振り、白いシャツを着た一人のランナーがこちらに向ってきました!

んんん???

誰?

あの人、万歳してない?

 

よーく見ると

「あ!彼だ!」

 

スタートしてすぐだからか、、、かなり余裕で、万歳して、サービズ精神旺盛で、サングラスを外して、、、、「僕だよ~~」と言ってくれるように、とびきりの笑顔で、応援する私たちに挨拶して、元気よく走って行きました。

 

見ている私たちも興奮の中!

ランナーさん達の元気な姿にこちらがエネルギーをもらいます

 

(あとで聞いたんだけど、走り出してすぐは、むちゃ元気なんだって!それもそのはず、すごく嬉しそうに走って行きました笑)

 

別府タワー付近のマラソン応援の様子です

こんな感じなんですよ~

 

マラソン応援② (3か所で応援するはずが・・・)

私たち二人は、次なる応援場所へ向かうため、別府駅へ歩いていき、大分駅まで電車で移動。少し時間があるので、腹ペコだったので、軽くランチを食べることにしました。お店をゆっくり探している時間なんてないので、見つけた一件目のお店にGO!

 

大分名物のとり天&りゅきゅう

 

お腹も満たされ、、、時計を見ながら、行かなきゃ!と慌ててお店を出ました。

タクシーで応援するお目当ての場所へ移動するはずだけど、タクシーがなかなかこない!!!

 

急がないとランナーが来ちゃう!

うろうろしていたら、やっとタクシーを見つけて、乗りこみました

 

予定していた場所に行くようお願いすると、、、

右折するはずの道路まで来てみたら、すでに封鎖されていました。

先頭集団がもうすぐ来るらしく、、、道路は完全にブロックされ、右折することができません。

 

 

ある意味、応援は時間との戦い

(応援する側も熱が入っているのです)

 

オリンピックランナーが2時間10分をきるくらいなんですから、、、その2時間~3時間の間に、ランナーに2度も3度も応援するって、思っていた以上にスリル満点

 

タクシーの運転手のおじいさん(おじさんじゃないよ)は、それほど道に詳しくなさそうで、、、

「今から〇〇に行っても、もう通行止めかもしれませんよ。いっそのこと、最後の競技場で待っていたら?」まで言われてしまう次第。

 

「私たちは走っているところを沿道で応援したいんです!だから福岡から来ているんです!先回りしてください!」と言って、

 

35km地点へ先回りしていく予定が行けくなってしまったので、、、40km地点辺りに向ってもらいました。

 

なにがなんだか、、、どこに行ったらいいのか?

もちろん、私も大分の道に詳しいわけではありません。

ホテルでもらった新聞の号外版に乗っている地図が頼り。

 

タクシーからマラソンコースがなんとなく見えていて、これ以上mタクシーに乗って行っても、また通行止めで行きたい場所に行けないなら、、、と思い、とっさに

 

「ここでおります」と言ってました。

 

慌ててタクシーを降りて、、、マラソンコースへ行ってみると、ちょうど40km地点手前。

 

もともとは、3か所で応援できたらいいね!と思っていたけど、予定していた2か所目は、すでに彼は通過してしまってました。

 

先回りして、40km手前、、、多分39km地点あたりで待つことにしました。

 

応援する方もドキドキします。

いつ来るか、いつ来るか、

ちゃんと見つけないと・・・

応援も必死になります(笑)

 

あ!

あれじゃない?

 

何メートル先でしょうか?

50mくらいかな・・・

 

彼を発見しました!

 

「がんばって~」

「がんばれ~」

「がんばって~」

急に声が大きくなってました

 

てっきり彼は、私たちに気付いているのだろうと思っていたら、40km手前辺りは一番きつい場所だったらしく、全然視界に入ってなかったそうです。

 

ですが、

 

声でわかったそうです。

こちらをちらっと見て走り去って行きました。

 

後ろ姿をさらに応援、大声援です

「がんばれ~」

「がんばって~」

最後の力を振りしぼるように、ちょっと元気を取り戻したように、片手をすっとあげて、、、私たちの声援に応えてくれ、走って行きました。

 

完走してね~、頑張ってね~

と、こちらもかなり興奮してしまいました

 

その後、同じマラソンクラブの人が来るかもしれないし、沿道の別府市民の方々の大声援、小学生の子供もランナー全員に対して、「がんばれ~」すごい大きな声で応援してるんですよ

よこにいる年配のおばさまも、「がんばれ!がんばれ」知り合いもいない様子なのに、みんなに声援を送っています。

 

私たちは、、、一生懸命走っているランナーみなさまを見ていると、とっととこの場を去って帰る気にならず、、、次の集団まで応援しよう、誰か来るかもよ。

とにかく、みんなに声援を送り続け、、、と続けていたら、

 

結局、最後のランナーが通過するまで応援していました

 

初めての別府マラソンの応援は、、、予想以上に、興奮し、彼らにパッション(情熱)をもらいました。

 

同じ人生を過ごすなら、何か、ひとぞれぞれの「きらり」と光る、自分の好きなことをしたいですよね!情熱もって生きよう!って力をもらっちゃいました。

 

別府から帰ってから、「パッション」「パッション」って感じですよ~。そんなばたばたするという意味ではなくて、内なる情熱を燃やす!という感じです(^O^)

 

スポンサーリンク

別府観光

「鉄輪 むし湯」

初日は、マラソン応援に燃え尽きて、夜はおいしい物を食べて満喫でした

 

そして

翌日は、温泉三昧!

 

朝7時に出発して、向かった先は「むし湯」

(朝7時出発なんて、果たして起きることができるのか?と思っていたけど、スッキリ起きることができました)

 

別府駅から鉄輪温泉へは路線バスで!

時刻表をいちお聞いていたんだけど、思った以上にバスの本数は多いです

 

 

「鉄輪 むし湯」

 

この右と左にある石の倉のような中で、蒸されるんです

むし湯に入ることができる時間は最大で10分

 

【別府市の観光案内をリンクします】

鉄輪 むし湯

1メートル四方の木戸を開けて中に入ると約8畳ほどの石室の中には、 温泉で熱せられた床の上には石菖(せきしょう)という清流沿いにしか群生しない薬草が敷きつめられています。 その上に人が横たわります。

 

 

中の様子

幸い月曜日ということもあって、私たちだけの貸切

 

【私の個人的な感想】

石室の中は4人しか入ることができないんですね。スタッフのおばちゃんがストップウォッチを持っていて、時間を計ってくれるんです。

実は、、、はりきって、中に入ってみると。湯気がすごくて、誰もいなかったから締めきったままで多分温度も高かったのでしょうけど。かなりの熱と蒸気に、私は一気にノックアウト状態でした。

狭いということもあり、具合が悪くなりそうで、急に怖くなって、、、、入ってすぐに、おばちゃんに「もう出ます」と言ってしまったのです。なにが原因かわからないけど、恐怖がこみあげてきたんです。こんな経験は少ないんですけどね。自分でもびっくり。

石室の扉から顔をだし、外のひんやりした空気をたくさん吸って、気持ちを落ち着けて

「扉に近い場所に寝ころんだらいいよ」

「きつくなったら、でたらいいから。。。3分測るね」

とおばちゃんに言ってもらい、再び、むし湯の中へ

 

真上を見ながら、、、さっきの恐怖は消えていました。何もないのに自分で恐怖を作り出していたな~、心配不安がつのると人間は起こっていないことを恐怖に感じるんだな~と客観的に思えてきました。

 

そして、

 

目をつぶると、今度は気持ちがよくなってきて、

私はとても幸せだな~、二人で並んで一緒に入ってくれる大切な友人もそばにいて、守られているな~。神様ありがとうと心でつぶやいていたら、、、至福に包まれる感触に変わり、あ~、なんて幸せなんだろう。ありがとう。ありがとう。。。ありがとうしか言葉が出てこない。そうしていると、すーと涙が流れ落ちていきました。

 

朝からとっても不思議な体験をしました

 

蒸し料理が食べたい!鉄輪の地獄蒸し

別府の鉄輪といえば、、、蒸し料理なんですよ

温泉の蒸気でお野菜やお肉、卵などを蒸すんです。

 

むし湯に入った後に、、、蒸し料理が食べたくなり、あたりを探してみるけど、早すぎでお店が開いていませんでした。ようやく、みつけた「里の駅かんなわ 蒸de喜屋

 

 

サツマイモなど軽めの食材を蒸して食べたいな~と思っていたけど、本格的なお肉とお野菜セットしかなかったので、「蒸したまご」を買って、食べました!蒸気のパワーフードでした

 

 

このお店の奥に行ってみると・・・見覚えが!数年前に訪れたことがあった蒸し料理屋さんでした。

写真のように、ざるに食材を入れて、自分で蒸すんですよ。やけどしないように、すごい分厚いグローブをはめて蒸気からざるを出すんです。

 

次回、時間に余裕がある時に再訪したいと思います。

蒸気でつくる「地獄蒸し」すごく美味しんですよね~~(^O^)

 

温泉三昧

ノープランの私は、、、これから何をしようか?

 

ふっと思いついたのが、お友達おすすめの日帰り温泉&ランチ

これがすごいらしく、絶景露天風呂が、それはそれは、海に近くて最高らしいのです。

 

別府で有名は地獄めぐりは行ったことがあったので、今回は、のんびり癒しの旅を選びました

 

潮騒の宿 晴海(せいかい)

この写真から、どこに行ったの?リゾート???と思うでしょう(^O^)笑

海が真ん前の絶景ホテル、全客室からはオーシャンビューで、朝は海から昇るご来光を拝めちゃうみたい。

 

11時からランチを食べた人は温泉を利用できるということで、別府駅から路線バスで行きました

 

【アクセス】

別府駅から大分バス26番のバスで「亀川バイパス入口」下車。歩いてすぐです

 

 

ランチは天さし定食をオーダー予定が、、、

うしろから、

「特製 天丼」2つと声が聞こえて、、、、つられて、あ!天丼美味しそう!食べたい!となり、このボリュームたっぷりの特製天丼を頂きました。美味しかった~~(^O^)

 

 

その後は、絶景風呂へ

1F大浴場「潮騒の湯」は通称”海抜0m”と呼ばれるほど海に近く。露天風呂に湯船に肩まで浸かればまるで海に浮いているかのような景色を味わえます。

写真を撮ることができなかったので、ホテルwebをリンクしますので、見てくださいね

https://www.seikai.co.jp/onsen/

潮騒の湯がすごかった!

 

海辺を散歩した~い

私は散歩好きなので、漠然と。

別府でも歩きた~い!散歩した~い!自然満喫した~い!と思っていたら、

 

近くの公園「上人ヶ浜公園」を見つけ行ってみることに

遊歩道があったので、そのまま歩いて行ってみると、海岸線をずーと歩くコースになっていました。

 

 

途中には足湯をみつけ、

砂蒸し風呂もありました!

さすがに、温泉はもう十分すぎるくらいに入っていたのでパス

 

 

散歩がとっても楽しかったです

どこに行っても、歩くのが好きなわたしです(^O^)

 

別府温泉へのアクセスとおすすめ宿

アクセス

【別府温泉】格安に別府温泉に行く方法って?福岡・東京・大阪からのアクセス

宿紹介

 
ご自分で探したい場合は、こちらからどうぞ
↓↓↓
 
 

最後に

別府温泉の旅をご紹介しました

いかがでしたでしょうか?

 

今回はマラソン応援がメインだったので、観光名所をたくさん紹介するという感じではありませんでしたが、応援で情熱をもらって、美味しい物を食べ、最高の絶景露天風呂に入ることもでき、私は大満足の旅になりました。

 

湯けむり別府温泉は癒しですね。

また行きたいな~と思います。

 

あとびっくりしたのは、、、外国人が多いの!

APUって言ってね、立命館アジアパシフィック大学が別府にあるので、たくさんの留学生が来ているみたいです。路線バスに乗っていて若い外人がいっぱい。

 

だから、活気もあって、別府温泉の土地が賑やかで活性化されているように私は感じました。

 

別府温泉、とってもよかったです。

おすすめです

 

スポンサーリンク


このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

237人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。