【スペイン巡礼】靴選びの失敗しない5つのポイントとは?

☆人気記事

早起きは三文の徳は本当だった?!

熊野古道が世界遺産の登録の理由がすごかった

ハワイの離島はどこがおすすめ?

スポンサーリンク





こんにちは!
サンティアゴ巡礼に必要な情報の記事の続編です。

まだ読んでない方はこちらもオススメです↓

スペイン巡礼にかかる費用と持ち物とは
⇒スペイン巡礼の費用や概算は

スペイン巡礼で一番大切なこと、それは「靴選び」です。

靴の選び方、ポイント5つを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

スペイン巡礼は靴が重要!5つのポイント!

 

スペイン巡礼では長い距離を毎日毎日歩くので、一番重要なのは靴です!

5つのポイントに沿って説明していきます。

 

1、自分の足に合った靴を選ぶ

2、靴の材質はゴアテックスがいい

3、靴の中敷き(インソール)も追加購入する

4、靴下もセットで購入する

5、靴を足に馴染ませる

 

自分の足に合った靴を選ぶ

 

たくさんのメーカーの登山靴があるので、正直迷いますよね?!

各メーカーの登山靴は高機能・軽量化が進んでいますので、どれも性能はいいです!

 

重要なのは、靴が自分の足に合っているか?!

 

靴が自分の足にぴったり合ってないと、何日も履いて歩くことはできません。靴擦れやマメができたり、爪に圧がかかって黒くなって剥離したりなりかねません。

 

靴選びは、
山用品店に行って、とにかく試着すること、履いてみて決める事が重要!

 

では、何をどう選ぶか?

 

【選び方その1】
巡礼初心者であれば、初心者用の靴を!

初心者用の登山靴、トレッキングシューズが履きやすいです。
そのように設計してあります。
ソールが堅すぎず、柔らかくフィットしやすい

 

【選び方その2】
ローカットよりハイカット、ミドルカットがおすすめ

足首が安定するので歩きやすい
くるぶしを保護し捻挫防止になる。

 

【選び方その3】
靴の材質はゴアテックスがいい

スペイン巡礼を歩いていると、雨が降ることもあります。

そんな時のために、
材質はゴアテックを選びましょう!
防水が効いていて、足が濡れずに済みます。

 

一度、靴が湿ってしまうと、乾かすのも大変です。
翌日に冷たく、湿った靴を履くのは大変です。

 

 

ちなみに私が使っている登山靴は・・・・

・キャラバン

↑これは2足目

1足目も同じメーカーです。
1足目は廃版になっていたので、今はこのレディスタイプです。

 

私がスペイン巡礼800kmを歩けたのは靴のおかげです。

3回スペイン巡礼に行っているので、すでに2足は踏み潰してます。

 

このメーカー「キャラバン」の靴が私には合っていて、800kmも歩いたのに、一度も足にマメもできず、全く問題なしでした。みんながマメができて、足を痛めているのかなんでかな~と思っていた、今思えばとても幸せな人でしたね・・・(^O^)

 

 

では次は、靴を選んだところで、
実際に履いてみます!

 

4、靴を履いてみて、歩き回り、足のフィット感を確かめる

山用品のお店で靴を選んだら、とにかく履いてみる
お店の中をぐるぐる歩き回って足のフィット感を確かめる。

山用品店のスタッフもわかってるので、
「歩いてみてください」
と言われるはず。

 

遠慮せずに店内を歩き回りましょう!

 

大型の山用品のお店なら、坂道のように、高低差をわざわざお店の中に作ってくれていて、そこを試しに歩けるようにしてあります。

 

とにかく、いろいろな靴を試し履きして、
自分の足の横幅、甲の高さに合っているもの選びましょう!

 

歩いていて、足の指が痛かったり、爪が痛かったら、それは合っていません。サイズも0.5cm の違いは大きいです。メーカーによっても微妙に違うので、いろいろ試すことが重要です。

 

5、靴のはき方とひもの結び方

靴の履き方もあります。
靴が足に固定されるように履いてください。

 

まず、かかとを固定させて、、、履きます。
踵を床にトントントンとすると、
踵の位置はばっちり靴に固定されます。

 

そして、ひもを結んでいきます
きつく締めすぎてもきつい、
てきとうにゆるめても履けるように。

 

巡礼中はたくさん歩くとだんだん足はむくんでいきます。

 

だから、きつきつの登山靴より少し余裕があるくらいでも十分。靴ひもをきつめに締めたら履けます。でも、足裏と靴が合っていないとズレて靴擦れの原因になるので慎重に選んでください。

 

 

【私の体験】

巡礼中5,6日目で、ふくらはぎは攣って、もう疲れてへとへとになっている時に、泊まったアルベルゲ(巡礼宿)で足が痛そうに足を引きづりながら歩いていたんでしょうね~~、、、見兼ねたオスピタレロ(巡礼宿のオーナースタッフ)が「マッサージしてやる!うつぶせに寝てみて」・・・ということで、

 

ばりばりになった触られるだけでも痛いふくらはぎを、ほぐしてくださいました。。。(痛いギャーっと言いながら、有難いことにマッサージをして頂きました)

 

痛いくらいのマッサージ、
親切に感動、感謝です。
今でも忘れられないスペイン巡礼の思い出になっています

 

そして、翌朝、確かに足の状態はいい感じ。

「行ってきます!ブエンカミーノ ありがとう」とあいさつをして出かけようと思っていたら・・・

 

オスピタレロ(巡礼宿のスタッフ)に、
「そのシューズの結び方、違う!!!!」 と呼び止められ、こーやって、こーだ!こーだ!と・・・靴ひもをほどいて、両方のシューズを結び直し。

 

出発する直前ですから、
巡礼者がどんどん出かけて行くのを横目で見ながら、

私はせっせと、靴ひもを直していました。

 

それもよかったのでしょう・・・スペイン巡礼中に靴のトラブルはゼロ! 

 

是非、山専門店でひもの結び方を聞いてみてください。
試着するときに、ひもの結び方、締め方も
習ってくださいね!!!

 

靴の中敷き(インソール)も替える

スポンサーリンク

 

中敷きもいいものを追加で購入することをおすすめします。

 

膝が痛いとか、足の裏が痛いなどならないように予防措置として、中敷きを交換することをおすすめします。最初に付いている中敷きはまぁふつうというか、そんなにいい物じゃないようですよ。

 

中敷きは自分の足に合わせて加工できる高い物もありましたが、そこまで高い物は選んでいません。ですが、もともと付いているインソールよりは、格段に佳かったのだと思います

 

私も中敷きを交換して履いているからか、、、今まで靴のトラブルはありません。

 

 

靴下もセットで購入する

巡礼初めての人は、靴下もセットで買ってしまいましょう!

靴を買うときは、実際に今まで山登り用、巡礼用の靴下を持っている人は、持って行って靴の試し履きをしてくださいね!

靴下もとってもとっても重要です。

 

私は↓を使っています

 

スマートウールがとってもいいです。
私には合っていて、今でも熊野古道を歩いたり、日々のウォーキングにも使っています。

 

このソックスを履くと、トレッキングシューズ、靴とのフィット感もよく、足が疲れにくいですよ。

 

それもそのはず、
1回目のスペイン巡礼800kmを踏破して、靴下は踵部分はすり減って、網状になっていました。そのくらい重圧がかかっていたようです。

 

靴下も大事ですので、足の負担を極力減らすことを目的として選んでください。

 

一足2000円位です
ちょっと高いですけど、物がいいのです♪

スペイン巡礼でなんのトラブルなく、快適に歩くために、予防措置としてお勧めします!

 

 

靴を足になじませていく

実際に、新しい靴を購入したら、履いてみて足に慣らしていきます。だんだん自分の足の形に馴染んでいきます。

私の場合は、出発の1か月前から新しい靴を履いて、毎日歩いていました。時間が取れない時は、2,3日に一度は1時間くらい歩いて、靴を足に馴染ませていきました。

そうすることで、スペイン巡礼に行ってから靴擦れが起きないように予防しました。

 

 

靴は持っているという人は要注意!!!

これから巡礼に行くという方で、、、持っている靴があるから大丈夫と思わないでくださいね。念のため、確かめてみてください!

 

購入してすぐなら大丈夫ですが、、、

 

靴は使っていなくて、ずーと置いたままでも劣化していきます。

 

靴底の接着剤がはげて、、、肝心な時に、靴底がめくれて歩けない~~ということがないように。

 

長い距離を歩く予定でしたら、新しい靴を調達するか、リペアすることをおすすめします。

 

登山靴は消耗品で、軽量化が進み、ゴムや樹脂系の素材や接着剤が多くなっているので、劣化の兆しが見えてきたら修理や買い替える必要があります。ソールは張替が出来ます。ですが、張替の費用を考えると新しい靴を買った方がいいような気がします。

 

巡礼中にソールが剥がれた、亀裂が入ったということになると、スペインで新しく靴を買うことにもなりかねません。品揃えもわかりませんし、スペイン巡礼の道中は都会もたまには通りますが大半は田舎でそんな山用品店がすぐない場合もありますので。

 

 

最後に

いろいろご説明してきましたが、スペイン巡礼は靴がとっても重要です!

靴選びの5つのポイントをまとめると、

  • 自分にあった靴を選ぶこと
  • 靴の材質はゴアテックスがいい
  • 靴下も大事
  • 中敷き(インソールも替える)
  • 靴を足に馴染ませる

 

靴に靴下に中敷きも!いろいろ予算もかかるな~・・・となってしまいますが、快適に歩くこと、スペイン巡礼に行ってからトラブルがないことが大事です。

 

足が痛かったら、途中で靴を履く事さえもできなくなります。

私の巡礼仲間は、足が痛くなり途中で靴が履けなくなり、スリッパを履いて歩いていました、それも大変そうでした。(最初の写真をよくみるとスリッパがどこかに写っています(^O^))

 

私の場合は、運よくぴったりな靴が見つかって、靴の購入時に、靴下も中敷きも一緒に購入しました。そして、約1か月靴慣らしのトレーニングをして、スペイン巡礼に臨みました。おかげさまで、足と靴には何もトラブルがなく、スペイン巡礼800kmを歩くことが出来ました。

 

靴選びは本当に一番大切と言えます。

慌てずに、しっかり自分に合った靴を見つけましょう!

 

素晴らしいスペイン巡礼になりますよう!

ブエンカミーノ♪

 

スペイン巡礼の情報をまとめました。

スペイン巡礼の概要やオススメな理由、持ち物や費用について、歩くのに最適な季節についてなど。

こちらをご活用ください

スポンサーリンク

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

161人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。