4月沖縄旅行!気温や服装は?イベントは?海で泳げる?


沖縄の4月は「うりずん」と呼ばれ、年間で最も過ごしやすい季節!

快適に沖縄旅行を楽しめる季節です!

4月、またはゴールデンウィークに沖縄旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか?

4月は真夏みたいな暑さはまだですので、パワースポットめぐりもおすすめです。

 

梅雨が明けると次は台風も心配になってきますので、

梅雨入り前の4月はオススメのシーズンです!

 

4月の沖縄旅行の気温やお天気、4月のイベント情報について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

【関連記事】

3月の沖縄旅行の気候は?服装や靴の持ち物は?海開きはいつ?

【沖縄旅行のお役立ち情報】気温や服装!パワースポットおすすめ

 

4月の沖縄の気温やお天気は?

4月の上旬~中旬までは
朝晩は少し冷え込む日もあり、屋内施設では冷房で少し寒く感じることもあるでしょう

 

4月下旬からは
沖縄の平均気温は24度、
最高気温は27度近く
になり、

東京の7月頃の気温に相当します。

日差しも徐々に強くなってくるので、体感としては夏の感じです。

平均気温 21.4℃
平均最高気温 24.1℃
平均最低気温 19.0℃
平均水温 24℃
降水量 165.7ミリ
日照時間 123.8時間

 

沖縄の4月の平均気温は21.4度

最高気温の平均は24.1度になりますので、日によっては終日半袖で過ごすことも可能でしょう。

 

25度を超える日も珍しくはありませんので人によっては暑いと感じられるかもしれません。爽やかな風が吹きますので、夏真っ盛りというわけではなく、暑すぎないのでまだまだ過ごしやすい季節といえます。

 

また、最低気温は19度程度ですから、それほど寒いと感じる日は多くありません。とはいえ、寒くなる日が無いというわけではありませんので薄手の長袖はあった方が安心です

 

特に梅雨が近づく、4月下旬頃は肌寒さを感じる日もあります。

 

降水量は3月同様でそれほど多くはなく安定した気候で、比較的晴れる日が続きますが、寒気が入り込む日もありますので注意が必要です

 

梅雨に入れば雨が続きますし、梅雨が開ければ台風がやってくると思えば、この時期の沖縄は狙い目のシーズンとも言えるでしょう。

 

4月沖縄旅行の服装や持ち物

日中はTシャツやノースリーブでも大丈夫。快適に初夏の沖縄を楽しめるでしょう。

朝晩の冷え込みを考えると薄手の長袖は準備するのがおすすめです。

 

1年の中で最も過ごしやすいのが4月といえます。

まさに、4月は沖縄旅行にはベストシーズン!とも言えるのではないでしょうか

 

陽射しが強いので紫外線対策も必要です。

  • 日焼け止めクリーム
  • サングラス
  • 帽子

は必需品です。

 

また、3月までは適していない日もあると思われるビーチサンダルやミュールなどを履いても問題なく過ごせるでしょう。

 

服装は、外出時には羽織るタイプの洋服、シャツやカーディガン

気温に応じて服装を調整できるようにしておくのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

海で泳げる?

水温は22度から23度となりますので海水浴やスキューバダイビングを楽しむ方も増加します。

まだ長時間の海水浴には向かないのでウェットスーツはあった方が無難です。

スキューバダイビングではザトウクジラの親子に巡り会えるかもしれませんし、マンタに遭遇できるかもしれません。

 

【関連】

⇒沖縄の海開き情報

 

沖縄旅行の4月イベント

日本一早い花火大会
「琉球海炎祭」


(出典:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0003515.aspx)

 

毎年沖縄県外から多くの人が訪れる大花火大会「琉球海炎祭」

1万発の花火が東シナ海の夜空を彩ります。

最新のテクノロジーを駆使した21世紀型の花火エンターテイメント

沖縄の夏祭りには欠かせないエイサー隊が会場を盛り上げたあとはメインイベント「花火イリュージョン」

沖縄民謡から最新ヒット曲、そしてオペラまで数々のサウンドに合わせて、思わず踊りだしたくなるような構成でコンピュータ制御された色とりどりの花火が次々と打ち上がります。

音と花火との競演が約1時間にわたって繰り広げられます。

また、世界的デザイナーであるコシノジュンコ氏デザインのアート花火を、昨年世界一に輝いた花火師が打ち上げるという、世界基準の花火大会になります。

 

開催時刻の2、3時間前から、会場周辺は大渋滞となるので、早めのアクセスがおすすめです。

 

【開催日時】
平成30年(2018)4月14日(土)
開場15時30分 開演19時
※雨天決行、荒天時は4月15日(日)に延期

【開催場所】
宜野湾海浜公園トロピカルビーチ
宜野湾市真志喜4-2-1

【チケット料金】
⇒チケットの販売中

【交通アクセス】
宜野湾海浜公園までは那覇空港から約14キロ、約25分。うみそらトンネル経由で那覇市久茂地へ。国道58号線を左折して北上、牧港交差点から宜野湾バイパスへ左折。

【問い合わせ】
最新情報は⇒琉球海炎祭

 

日本一早いゆり祭り
「伊江島ゆり祭り」


(出典:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0003557.aspx)

 

海を見渡す広場には100万輪のテッポウユリが咲き誇ります!

真っ白なユリと青い空と海のコントラストは絶景!

沖縄本島北部の本部港(もとぶこう)から、船で30分の伊江島で毎年開催されるお祭りです。

 

ステージイベントや伊江島ならではの特産品販売もあり、日帰りバスツアーなどを利用すれば交通情報を気にせずに済むに楽しむことが出来ます。

 

期間中はフェリーが増便されますが、人気イベントのため本部港には朝からかなりの長蛇の列。
朝一で早めに港まで行くことをおすすめします。
レンタカーを乗り入れするなら、事前予約ができます。ただし、先着順なのでお早めに。

 

【開催日時】
平成30年(2018)4月22日(日)~平成30年5月6日(日)

【開催地】
伊江村リリーフィールド公園

【問い合わせ】
伊江島ゆり祭り実行委員会(伊江村役場商工観光課)
TEL:0980-49-2906

【交通アクセス】
那覇空港から約89キロ、沖縄自動車道経由で1時間25分。本部港から伊江港までフェリーで約30分。伊江港から会場の公園までは約5キロ、車で約15分

【お問い合わせ】
伊江村HP(ゆり祭り)

 

パワースポットめぐり

沖縄には、魅力的なパワ―スポットが数多くあります。

4月は、真夏のように暑くないのでパワースポットめぐりもおすすめです。

「沖縄は島全体に神様が宿る」と考えられている場所や、信仰の聖地としてあがめられている場所などあります。

 

大日林山・・・巨大なガジュマルや巨石群、パワーストーン、たくさんそびえている。自然界からのパワーを頂けます!

 

古宇利島

古宇利島は古くから「恋の島」や「神の島」であるという伝承がある沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島。縁結びに効果があるパワースポット「ハートロック」がおすすめ!嵐のCMで大人気スポットになっています!

 

ガンガラーの谷

ツアーでのみ行くことが出来る神秘の谷。

ガンガラーの谷の詳細はこちら

 

斎場御嶽(せーふぁうたき)

世界遺産に平成12年(2000)に登録されました。琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地!

 

久高島

船で渡る聖地久高島は、「琉球開闢(かいびゃく)の祖アマミキヨが天から舞い降りてきて、ここから国づくりを始めた」

琉球の中でも聖地中の聖地です。

久高島情報はこちら

 

首里城

沖縄の観光名所といえば、首里城というくらい有名で人気のパワ―スポット。

 

おすすめホテル

ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄 
・・・真っ白な砂浜と白亜のホテルが迎えてくれます。ロビーに入るなり花の香りに包まれ、時間の流れが変わります

楽天で詳細を確認⇒日航アリビラ

 

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ 
・・・全室プール付きのプライベートヴィラが素敵な絶景ホテル

 

ザ・ブセナテラス  
・・・最高のロケーション!ロビーから海が見え、まるで海外のリゾートホテル!一度は泊まってみたいホテル

楽天で詳細を確認⇒ザ・ブセナテラス

 

おすすめガイドブック

最後に

4月の沖縄旅行の気温、服装、イベントについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

沖縄の4月の気温

平均気温:21.4℃

最高気温:24.1℃

最低気温:19.0℃

平均水温:24℃

4月のイベントは日本一早いイベント!

  • 日本一早い花火大会「琉球海炎祭」
  • 伊江島ゆり祭り

 

いよいよ本格的な夏に向けて観光客が増え始める4月の沖縄!

夏を満喫したいけど、梅雨明けの時期は観光客が多くなるのでと思われている方は・・・梅雨入り前の4月の沖縄旅行はオススメのシーズンです。

 

アクティブに沖縄本島や離島を巡りたい方、じっくりと歴史的・文化的スポットやパワースポットを巡りたい方におすすめです。

 

素晴らしい沖縄旅行を!

 

 

スポンサーリンク

 

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

171人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。