3月の沖縄旅行の気候は?服装や靴の持ち物は?海開きはいつ?


春めいてきて、春休みに3月に沖縄旅行に行こうと思った時に、服装や気候が気になります。

普段履いている靴もブーツを沖縄へ履いていっていいの?
コートは必要?

など、本州との違いがあるので、3月の沖縄旅行について情報をまとめました。

3月の沖縄旅行はまだオフシーズン。パッケージツアーや航空チケットも安い時期ではありますが、卒業旅行や一般の観光客も増えてくる時期なので、事前に確認し早めに予約するのがポイントです(^O^)  

夏のイメージが強い沖縄ですが、春はとても気候が良く、ハイキングもしやすい時期なので、パワースポット巡りもおすすめです。

3月の沖縄旅行の気候や服装について、春の沖縄旅行の楽しみ方を紹介します。

 

【関連記事】

3月石垣島の気候や服装は?海びらきと格安レンタカー

4月沖縄旅行!気温や服装は?イベントは?海で泳げる?

沖縄本島の旅行の情報いろいろ!カフェや食べ歩き

 

スポンサーリンク

3月沖縄の気候は?

3月の沖縄は、本格的な春の気候、5月になればすでに夏の装いが始まります。

常夏の島・沖縄には一足先に春が訪れます。沖縄の3月は本州の4月中旬から下旬くらいの気候で、草花が一気に成長し始めます。

1年の中でも比較的過ごしやすい気候の時期、ただ朝晩は冷える時もありますので服装も気を付けたいところ。

降水量は1月や2月に比べて多くなりがちですが、長い時間降っているという感じではなく、スコールのような感じなので、観光ではそれほど心配する必要はなさそうです。

 

平均気温 18.9℃
最高気温 21.7℃
最低気温 16.5℃
平均水温 22℃
降水量 161.4mm

 

数字で見ると、まだまだ決して暑いとは言えませんが、陽射しは強くなってきます。また、北風から南寄りの風に変わっていくるので、日を追うごとに陽射しが強まります。天候によってはまだ肌寒さを感じる場合もあります。

 

3月の前半と後半では気温も大きく変わり、また陽射しも変化しますので観光で足を運ぶ場合は訪れるタイミングによって用意する服装に違いが出てきます。

 

紫外線について

春の沖縄も紫外線対策は必須です。他の都道府県と比べると、沖縄は3月でも半端ない紫外線量です。紫外線は徐々に強くなり、本土の初夏並みです。

 

沖縄では本土と比べて、年間を通し、2倍以上の紫外線量があるとのデータが出ています。夏だけでなく、一年中紫外線量が多く、3月の時点でも環境省が日焼け止め・帽子・長袖の使用を呼びかけるほどです。

 

たとえ曇り空でも日焼け対策が必要不可欠です!

サングラスもあったほうが安心です。

 

服装は?靴は?持ち物は?

3月の沖縄は本格的に春を迎える。季節の急激な移り変わりを肌で感じ取れるのが3月です。

日中の最高気温は20度程度と、3月の後半ともなればTシャツで過ごせるような気候です。ただ、朝晩は冷え込むので、長袖のカーディガンやパーカーを準備しておくほうが安心です。

 

さすがにもう暑くなっているだろうと過信せずに、天候や気温の急激な変化に対応できるような洋服も準備しておきましょう。本州の春は天候が変わりやすいように、沖縄の天候も同様です。

 

紫外線が強いので、帽子、サングラスも持って行きましょう。腕の日焼けを気にする人はアームカバー、日焼け止めは必須です。

靴については、3月はまだ本州ではブーツを履いている人も多いと思いますが、沖縄は一足早く春です。ブーツは必要ないです。

 

【3月前半の場合】
防寒着とは言わないまでも厚手の長袖が一枚あれば重宝するかもしれません。

【3月後半】
薄手の長袖くらいはあった方がいい

 

【洋服を準備するときの目安】
沖縄の3月をだいたいの気温でいうと、東京の平均気温でみるとちょうど5月、6月頃と同程度になります。5月、6月頃の東京というと、長袖あるいは半袖+薄手の羽織り物と言う感じ。気温の高い日なら半袖1枚で過ごす人もいます。こんな感じでイメージをすると準備しやすいでしょう。

 

ただし、海に囲まれている沖縄は、海からの北風が強く吹きつけてくることもあるので、

人によって体感気温が違うので、

寒さに弱い、寒がりだな~と思う人は、自分に合った快適に過ごせる服装+1つ上に羽織る防寒着を準備するといいです。

ですが、セーターやジャケットといった防寒着は一切必要ありません。また、そこまでの重ね着の必要もないため、荷物を多く持ってきてかさばってしまいますのでお気を付けてください。

 
観光をする場合は長時間の外出となることが多いため、個人差があるとしても、半袖半ズボンという軽装よりは長袖一枚持っていれば安心です。
 
せっかくの沖縄旅行で体調を崩したりしないように、事前の準備は大切です。
 
 
スポンサーリンク

3月、格安に沖縄旅行に行くには?

3月は卒業旅行のシーズンなので、高校生や大学生が卒業旅行に沖縄に行くのは多いです。ですが、1か月間ずっと卒業旅行で相場が高いというわけではなく、月の中でも相場のアップダウンがあります。

たとえば、3月頭は春休みの大学生くらいしか休みの人はいませんが、3月の後半になれば子供の春休みや大学生の卒業旅行で混み合いやすくなり、また過ごしやすい気候なので、一般観光客も多くなってきて、ホテルの予約も取りづらい傾向にあります。

 

3月の沖縄旅行を計画するのであれば早めの行動がおすすめです。これらの相場の上がり下がりを見ながら、行く時期を決めるのが格安に行くコツです。

 

3月の沖縄の海で泳げるか?

沖縄の海は、3月後半から海開きが始まります!

ビーチによって日程が違うので、確認ください。下の表にまとめています⇒沖縄の3月海開き

春の沖縄で、海水浴を楽しもうと思っている方は、やや肌寒い日もありますが、なんらかの形で海を楽しむことは可能です。

 

ただ、

3月半ばまでは海水浴は難しいです。


冬場は遊泳禁止とされている区域も多く、多くの沖縄の海開きは3月下旬です。

本格的に海水浴を楽しめるのは4月以降、と考えた方が無難です。

 

シュノーケリングやダイビングといった、マリンアクティビティは年中開催しています。また、冬でも海水の温度は20度あるので、ウェットスーツを着て海の中に入ることができます。

 

3月の沖縄旅行の楽しみ方

せっかく海開きが3月なので、海を楽しみたい!と言う人は、ビーチへ。

また、歩き回るのに快適な春の季節は、パワースポットめぐりもオススメです。夏だと日差しが強いのですが、春はたくさん歩いてちょうどいいくらいです。

 

沖縄ビーチの海開きの日程

万座ビーチ  2017年3月18日(土)
サンマリーナビーチ  2017年3月19日(日)
ナーマ浜  2017年3月18日(土)
オクマビーチ  2017年3月26日(日)
カヌチャリゾート  2017年3月26日(日)
美らSUN(ちゅらさん)ビーチ 2017年3月26日(日)
ウッパマビーチ  2017年4月1日(土)予定
美々(びび)ビーチいとまん  2017年3月26日(日)

ただし、この時期は水温が低めため、海水浴を楽しむなら気温の高い日や晴れた日が狙い目です。気温の低い日や曇りの日は、砂浜を散歩したり、足先のみをつけたりする程度にとどめておくほうが無難です。

 

3月の沖縄の海に行くなら、天気の良し悪しにかかわらず羽織りを準備しておくことをお忘れなく! 

 

羽織り物は寒さ対策だけでなく、日焼け対策としても活用できます。「この時期に日焼け対策?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、本土と比べて沖縄は紫外線量が多いため。

髪の毛や顔の日焼け対策として、帽子やサングラスといったアイテムを持っておくのもおすすめです。

 

ホエールウォッチング

毎年12月~4月にかけて、沖縄ケラマ諸島の海では、出産・子育てのためにやってくるザトウクジラを見ることができます。ホエールウォッチング目当てにこの時期沖縄を訪れる観光者も多くなっています。

 

沖縄本島の那覇や北谷、リゾートエリアから日帰りツアー(もしくは半日ツアー)に参加するのが一般的ですが、もっと本格的に楽しみたいという人はケラマの座間味島へ渡って、ホエールウォッチングのツアーに参加することもできます。

 

座間味島ではクジラを発見してから船を出すので、船に乗っている時間が短く、また運がよければ島の高台からもクジラを見ることができます。

 

おすすめ沖縄パワースポット

世界遺産「斎場御嶽」(せーふぁうたき)


(出典:https://okinawa-labo.com/okinawa-powerspot-4840#page8)

斎場御嶽は世界遺産にも登録されている有名なパワースポット。

沖縄県には、御嶽(うたき)と呼ばれる神事を執り行う場所がたくさん点在しています。そして、琉球神話では、神様が沖縄本島を作り出した時に9つの聖地を作り出し、そのうちの7つの聖地が現存しています。

琉球開闢七御嶽(りゅうきゅうかいびゃくななうたき)として7つの御嶽は信仰されています。その御嶽の中でも最も神聖な場所としてあがめられているのが斎場御嶽です。

沖縄の御嶽は、本州の神社仏閣と違って、神殿などが建てられていなくて、自然の巨石などを神殿に見立てて崇拝するという信仰の形態です。

 

首里城


(出典:https://okinawa-labo.com/okinawa-powerspot-4840#page8)

沖縄の観光名所といえば、首里城というくらい有名で人気です。

実は、首里城も隠れたパワースポットなんですよ。

首里城は琉球王朝の風水師によって風水を計算して設計され、風の気を受け止めるように設計されているといわれています。

そのためか、首里城の城郭へ向かう途中には、龍樋(りゅうひ)と呼ばれる王宮の飲料水として使用されていた清らかな湧き水が湧き出る場所がありますが、こういった場所も風水の考え方から設計されているといえます。また、この龍樋自体もも知る人ぞ知るパワースポットなんですよ。

 

そもそも、なぜ首里が琉球王国の中心となったのかというと、この地が琉球風水で最高の気脈を持つ聖域だからとされる。首里城には県内でも格式の高い御嶽(うたき)が集まり、古くから人々の信仰の拠り所であった。

 

 

沖縄のパワ―スポットはまだまだあります。

・大石林山(だいせきりんざん)

・古宇利島(こうりじま)

・ガンガラーの谷

上記の3つのパワ―スポットについてはこちらを参照ください⇒沖縄のパワ―スポット巡り

 

パワースポットにいく時に気を付けること

パワースポットに行く時に一番気をつけないといけないのはマナーです。

沖縄には大小のパワースポットが点在します。それは島の人々にとっても当然特別な場所。

中には勝手に部外者の立ち入りが禁止されている場所もあります。特に沖縄の御嶽は現在でも地元の人々が神聖な場所として崇め奉る場所ですから、観光客が遊び半分で訪れることは失礼極まりない行為だと思います。

パワースポットを訪れる際には、事前にしっかりとその場所について勉強して、失礼のないように訪れるようにしなければいけません。沖縄の地元の人への配慮を忘れずに。

また、パワースポットは、自然豊かな場所に多くあります。その場所にある石や植物などはその場所に存在することに意味があるので決して持って帰らないという事。

 

スポンサーリンク

 

おすすめホテル

ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄 
・・・真っ白な砂浜と白亜のホテルが迎えてくれます。ロビーに入るなり花の香りに包まれ、時間の流れが変わります

楽天で詳細を確認⇒日航アリビラ

 

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ 
・・・全室プール付きのプライベートヴィラが素敵な絶景ホテル

 

ザ・ブセナテラス  
・・・最高のロケーション!ロビーから海が見え、まるで海外のリゾートホテル!一度は泊まってみたいホテル

楽天で詳細を確認⇒ザ・ブセナテラス

 

 

【関連】

沖縄・癒し旅におすすめなホテルとは?

石垣島のホタルがすごい!人気スポット紹介します

 

最後に

3月の沖縄旅行について、服装や持ち物。気候についてまとめました。冬の時期の沖縄はパワースポットめぐりとしてもおすすめです。

いかがでしたでしょうか?

やはり南国、きれいな水の色の海に囲まれ、海や沖縄固有の植物を見ているだけでも癒しです。ゆっくり、のんびり人が少ない冬の時期の沖縄旅行もオススメです。

さすが沖縄、島に点在するパワースポットがまたすごい!

 

 

沖縄旅行の情報をまとめました!
食べ歩き情報「そば」「サーターアンダギー」の名店も紹介しています。詳細は写真をクリック↓

 

こちらもオススメです

城田優が沖縄をめぐる!人気の「アーサそば」と豪華ホテル
沖縄食べ歩き!絶品サーターアンダギーはどこ?
沖縄の癒しカフェでランチ!

 

旅行出発前に、これはやった方がいいです。
安心してお出かけください♪

郵便物の配達を止める方法!旅行や帰省の出発前に!宅急便も止められます!
年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどに、 旅行や帰省で長期間家を留守にする方もいると思います。そんなときに困るのが・・・ 不在中に届く郵便物や荷物です。...

 

 

こちらもよく読まれています

国内線の手荷物受付は何分前まで?手荷物検査は何分前に通過?ANA・JALジェットス...
国内線に乗る場合、何分前に空港に到着しておけばいいか? 国際線の場合は、出発時間2時間前までにはチェックインが…

 

癒しの旅!国内のおすすめは沖縄!女子旅や一人旅で楽しめる癒しスポット!
どこかに旅に出たい!リフレッシュしたい!気分を変えたい! なんて、思って出かける場所はどこでしょう?しかも、近くて、簡単に行けて、2泊か3泊でと想像してみ...

 

スポンサーリンク

 

 


カリフォルニアのパワ―スポット「シャスタ」をご存知ですか?

アメリカの聖地と言えば「セドナ」と並び、「シャスタ山」です。
波動が高く、天国みたい!アメリカ先住民族が古くから祈り続けた場所です!
シャスタ山の詳細はこちら

「いいね!」で更新情報をお届けします!

このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

174人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。