12月沖縄旅行の気温や服装は?海で泳げる?冬の楽しみ方を紹介します!パワースポットもおすすめ


冬の沖縄旅行もとっても魅力的!

冬の沖縄旅行は、パッケージツアーや航空チケットも安くなるのでお得!

 

クリスマス・年末年始はイルミネーションもキラキラ煌めき、イベントも目白押し!夏のイメージが強い沖縄ですが、冬はハイキングもしやすく、沖縄のパワースポット巡りもおすすめです。沖縄の海でシュノーケルやダイビングもおすすめな季節です!

 

冬の沖縄旅行の気候や服装について、イベント情報、沖縄旅行の楽しみ方をご紹介します。

 

 

12月沖縄の気温やお天気は?

12月の沖縄は、朝と夜で気温差が大きく、天候が変わりやすいのが特徴!

にわか雨が多い季節です。

 

北風が強く、海側と町側で大きく体感温度が異なります。日本列島より暖かいように感じますが、12月は東京と同じ寒さになる日もでてきます。年末年始には雨が多くなる時もあります。

 

【12月の沖縄と東京の気温の比較】

  沖縄 東京
最高気温 21.2℃ 12℃
最低気温 16.3℃ 4℃

 

沖縄の平均気温は、 18.7℃

沖縄の平均水温は、24℃

 

数字だけで見るとそれほど寒くはないように思われますが、四方を海に囲まれているので、海からの風が吹き抜けていき、風が強まりやすいこの時期は肌寒さが増します。

 

沖縄の気温を「12月の初旬、中旬、下旬」で多少の気温の差もありますので、別にまとめました。やはり、12月末近くになると寒く感じると思います。

冬至を境に、本州と比べるとまだまだ気温は高めですが、沖縄も本格的な冬の季節に入ります

 

  平均気温 最高気温

最低気温

12月上旬

19.7℃

22.3℃

17.3℃

 

12月中旬

18.7℃ 21.2℃

16.4℃

 

12月下旬

17.8℃ 20.4℃

15.4℃。

 

 

沖縄の冬至とは

 

冬至の事を沖縄では、「とぅんじーびーさー」と言われ、冬至とともに寒波がやってくる意味になっています。特に冬至を迎える頃には寒波も襲来して北風が強まり、海上も荒れやすくなります。海の近くに出かける場合、また海の近くのホテルに宿泊の場合は特に寒さ対策は必要になってきます。

 

クリスマスや年末年始の沖縄旅行には、寒さ対策が必要です。

 

 

12月の台風について

台風の心配はありません。
年間の台風接近数は、平年値7.4個。12月は0.1個と本当に少ない。

 

スポンサーリンク

12月沖縄旅行の服装と持ち物

沖縄の冬の特徴は「風」風を防ぐのが重要になってきます。

基本的には、長袖+パーカーなど、長袖&羽織ものスタイルで!

 

晴れて日差しがあるとあたたかく感じますが、さすがに半袖、半ズボンは寒いです。そこまで、ガッチリと防寒対策をする必要性はありませんが、朝晩や風が強い日などはやはり寒いので、冬用のジャケット・ジャンパーはあった方がいいです。

 

冬でも紫外線対策は必須です。
日焼け止め持参してください

 

冬至を過ぎ、クリスマス、年末年始の服装は?

・薄手のコートや暖かいジャケットが必要になってきます。

・海辺に行くときには耳や顔が冷えるので、ストールや帽子 などが便利です。

・インナーを着こむというよりは、調整ができるように、上から羽織る形の上着で温度調整をするのがおすすめ。

 

 

沖縄での滞在用として、私は結構寒がりなので、

 無印良品パーカー」、「パタゴニア ダウン セーター 」、そして、カウアイ島で寒くて買ったお気に入りの「パタゴニア ウインドブレーカー 」を持って行ってます。重ね着しやすくて便利です。

山用品やアウトドア用品は素材もよくて長持ち、軽くて丈夫!海風が強い時にはとても重宝しています

 

 

12月の沖縄の海で泳げるか?

「12月の沖縄は泳げるか?」ですが・・・

海の平均水温は約23℃~24℃。

 

北風の影響で、冬の沖縄の海は荒れる日が多いので、海水浴はお勧めできません。

 

もし、沖縄の海で泳ぎたい!のであれば、ホテルのプールで優雅に過ごすのがオススメです。沖縄のホテルのプールは充実していて、宿泊客以外でも利用できるところが多いです。または、ダイビングやシュノーケルに参加するのがおすすめです!

 

11月~3月くらいまでは、
沖縄の海はオフシーズンです

多くの場所で遊泳が禁止されています。

・沖縄では、多くのビーチが遊泳期間を4月~10月で、11月以降は監視員がいなくなります

・遊泳は3月下旬の海開き以降でないと基本的にはできないため、勝手に海に入ることは避けましょう。

 
 
ただ、ダイビングやシュノーケルは、オプショナルツアーで参加できます!
 
思う存分、沖縄の海を楽しめます!
 
ウエットスーツを着たら寒さも気にならず、沖縄の海を満喫できます。お魚もいっぱい見ることができます。体験ダイビングやシュノーケルをご紹介します。
 
次にご紹介します
↓↓
↓↓

冬のおすすめはシュノーケル!オプショナルツアー紹介します

青の洞窟でシュノーケル

一番人気は、青の洞窟シュノーケリング!

 

せっかくの沖縄旅行!透明度の高い沖縄の海で、くまのみやいろいろな熱帯魚をみたいですよね~!5歳以上から参加可能!初心者にも丁寧に教えてくれるので安心!

 

可愛いお魚と青の洞窟シュノーケルコースは安心して参加できるように、足の着く浅場から練習できるようなプランになっています。小さなお子様からご年配の方まで沢山の方が参加されています!

 

青の洞窟の体験ダイビング!

沖縄の定番は、マリンスポーツ!冬でも楽しめるプランが盛りだくさん!写真・動画はその場でプレゼント♪

女性の一人旅や1グループ1ガイドの貸切りプランなどいろいろあります!

 


(出典:Activity Japan)

ツアーの詳細はこちら

 

 

ケラマの絶景

沖縄の中で、いちばんきれいなマリンブルーでシュノーケル

そして、絶景パラセーリング!

 

慶良間は世界のダイバー憧れの場所です。その「ケラマブルー」でのシュノーケル!

これ、絶対オススメ!!!

 

沖縄一番のパラセール老舗の会社で、利用者数NO.1です。船酔いが心配な方に揺れに強い船が人気です。

ケラマシュノーケルツアーの詳細はこちら

 

 

 

 

SUP体験

沖縄の海でSUP体験はいかがですか?

今とっても人気ですよね~、インスタ映え~!って(^O^)

SUP&ヨガ体験の詳細はこちら

 

スポンサーリンク

12月の沖縄旅行の楽しみ方
「パワースポットめぐり」

12月は暑くないので、ハイキングや海辺の散歩、パワースポットめぐりがオススメです。夏だと日差しが強いのですが、冬はたくさん歩いてちょうどいいくらいです。パワースポットの中でも、歩きながら大自然を感じられるスポットをご紹介します。

 

大石林山(だいせきりんざん)でハイキング

沖縄本島の最北端の辺戸岬(へどみさき)の近くの豊かな自然あふれる癒しの場所。

 

巨大なガジュマルや巨石群、パワーストーン、たくさんそびえる大きな石からエネルギーが放出されているのを感じ取れるパワースポットです。大石林山は、2億年前の巨大な石灰岩が雨風により浸食されてできた自然の造形。

 

このような地形を亜熱帯カルスト地形は呼ばれていて、日本で唯一この大石林山にしかありません。

 

4つのトレッキングコースがあり、亜熱帯植物と巨大岩の中のハイキングがおすすめです!

巨石、石林感動コース 1000m・約35分

美ら海展望台コース 700m・約30分

バリアフリーコース 600m・約20分

亜熱帯自然林コース 1000m・約30分

 

大石林山は、最初に神が光臨してきて聖地を作ったとされる場所で、沖縄県本島北部最大のパワースポットです。

敷地内には44か所に及ぶ御願所があり生まれ変わりの石といわれる、くぐる回数で運気が変わるといったスポットもあります。

 

大石林山の入場料金割引はこちら

 

【アクセス】

 

恋愛パワースポット「古宇利島(こうりじま)」


(出典:https://project311.jp/949.html)

「沖縄版アダムとイヴ」の伝承が残る島。

古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。2005年に隣の屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。

 

古宇利島は古くから「恋の島」や「神の島」であるという伝承があり、古宇利島という名前もアダムとイヴの神話から「恋島」と呼ばれるようになり、「恋島→くい島→こうりしま→古宇利島」となったのが名前の由来なんだそうです。

 

・古宇利島には7人の神がいるとされていて島全体が「子宝、縁結び」のパワースポット

・縁結びに効果があるパワースポット「ハートロック」もおすすめ

・嵐のCMで一躍、大人気スポットに!

 

【アクセス】

 

ガンガラーの谷


(出典:https://project311.jp/949.html)

ツアーでのみ行くことが出来る神秘の谷。

ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、豊かな自然が残る亜熱帯の森。

約1万8000年前に生きていた「港川人」の居住区としての可能性も高く、今も発掘調査が行われ、「自然」や「命」に思いを巡らせながら体感していただくことをコンセプトにしています。

谷の広さは約14500坪、歩行距離は約1㎞。足を踏み入れて初めて分かる、広大な太古の世界が広がっています。(出典:ガンガラーの谷

 

ツアー料金

2200円

(保護者同伴の中学生以下は無料)

高・専門・大学生1700円

ツアー出発時間

10:00

12:00

14:00

16:00

住所 沖縄県南城市玉城字前川202番地
電話番号 098-948-4192

 

ツアー参加には前日17:00までの予約が必要です。

※定員に空きがある場合は、当日のご予約も可能

 

 

【アクセス】

那覇空港から車で約30分

沖縄自動車道 南風原南ICで下りて約10分 観光施設「おきなわワールド」 入口向かい。

 

スポンサーリンク

冬のおすすめ「オプショナルツアー」

パワースポットめぐり「斎場御嶽と久高島」

世界遺産群「斎場御嶽(せーふぁうたき)」と、神々の島「久高島」へのガイドツアー

車がないとなかなか行きにくい場所、また久高島へはフェリーで渡ります。ホテル送迎付きのプランがお得!

 

斎場御嶽(せーふぁうたき)

沖縄最高の聖地とされる「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、2000年12月に世界遺産に登録されました。
琉球王朝時代には、神職の最高指導者の神女「聞得大君」の就任式や、国の豊穣祈願、雨乞い祈願や国の吉凶を占う儀式などが行われたそうです。

 

久高島

沖縄南部、知念半島の東方約5.5kmの太平洋上に位置する細長い島が久高島です。琉球開闢神話では、アマミキヨが降り立った地とされる五穀発祥の地で、神の島とも呼ばれています。

ツアーの詳細はこちら

 

 

こちらもおすすめ↓

【沖縄】オプショナルツアー5選!子連れや女子旅に人気!

 

12月沖縄旅行は格安?

スポンサーリンク

 

12月は、沖縄旅行のオフシーズンで一番格安の時期です!

 

ただ、NAHAマラソンのある12月最初の週末、23日の祝日とクリスマス前後、年末に絡む週末~年末期間については、料金が高騰します。

年末年始は3~4か月前の予約がオススメです。

 

ですが、12月は格安な時期なので、通常よりも安い値段で高級ホテルに泊まることができます。

冬の沖縄旅行はお得なので、おすすめです!

 

実際に、いくらなのか、飛行機の運賃を調べましょう!

まず航空券代をチェック!

出発地と目的地「沖縄」を入れてすぐ検索

飛行機の価格を確認するならこちら

 

飛行機とホテルのパックツアーがお得です!

パックツアーの予約・詳細はこちら

 

沖縄のツアーおすすめはこちら

るるぶツアー

 

おすすめホテル

ホテル日航アリビラ

 

白亜のホテルは異国の雰囲気、目の前はビーチ!ゆったりプライベートビーチを堪能できます。ロビーは花の香りに包まれていて、リゾート感たっぷり。

ゆったり、のんびり究極の旅を演出してくれます。

 

 

10月から3月までは、アリビラの中庭を彩る「パティオイルミネーション」はとっても幻想的!旅を盛り上げます!12月1日~25日まではパティオの噴水が光のオブジェになっていて、華やか!

 

12月23~25日は特にスペシャル!!!
ロビーではウエルカムミュージックとしての生演奏やアリビラサンタが登場、館内を散歩していますよ!一緒に写真撮影できます。

このホテルの詳細・予約

 

 

ヒルトン沖縄北谷リゾート

那覇空港から車で約40分! 沖縄本島中部に位置する最高級リゾートホテル

 

ビーチまで徒歩8分です。 北谷町の中心部に位置、美浜アメリカンビレッジから徒歩わずか5分。

オーシャンビュールームからは透明感が美しい北谷の海が一望できます。約60種類の朝食ブッフェは沖縄食材がたっぷりあって、超人気!

ホテル周辺には美浜タウンリゾート、アメリカンビレッジなどのショッピングやマリンスポーツなどがあり、子供から大人まで幅広い年代の方々が楽しめるリゾートスポット!

 

このホテルの詳細・予約

 

 

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

2018年6月オープン

5つ星ホテルでは、オーシャンフロントの立地でしか体験できない、非日常の滞在があります!サンセットビーチまで500m、美浜アメリカンビレッジまで300mです。

 

最高のロケーション!オーシャンビューは最高の贅沢!海外に来たかも?と思うほど、サービスもよく最高級リゾートを堪能できます

 

このホテルの詳細・予約

 

 

イルミネーションがあるホテルに泊まる!

12月はいろんなホテルでイルミネーションが開催されています!

 

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ 

 

日航アリビラ

 

カヌチャベイホテル&ヴィラズ  

 

ルネッサンスリゾートオキナワ  

 

 

最後に

12月の沖縄旅行について、服装や持ち物、気候について。沖縄の海で泳げるか? についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

やはり南国、きれいな水の色の海に囲まれ、海や沖縄固有の植物を見ているだけでも癒しです。ゆっくり、のんびり人が少ない冬の時期の沖縄旅行もオススメです。

 

おすすめホテルは

 

さすが沖縄、島に点在するパワースポットはすごい!

  • 大林石山
  • 古宇利島
  • ガンガラーの谷

 

素晴らしい沖縄旅行を!

 

冬の沖縄おすすめ!イルミネーション情報満載

 

沖縄旅行の情報をまとめました!
食べ歩き情報「そば」「サーターアンダギー」の名店も紹介しています。詳細は写真をクリック↓

 

こちらもよく読まれています

いよいよ新年のはじまりの1月!沖縄では、桜がつぼみをつけはじめ春の訪れを感じることができます。真冬の1月でも一年中暖かい沖縄では、少しだけ南国気分を味わえま...


年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどに、 旅行や帰省で長期間家を留守にする方もいると思います。そんなときに困るのが・・・ 不在中に届く郵便物や荷物です。...

 

国内線に乗る場合、何分前に空港に到着しておけばいいか? 国際線の場合は、出発時間2時間前までにはチェックインが…

 

スポンサーリンク


このサイトの運営者

中山美穂と申します。
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、パワースポットの旅情報と今思うことを綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

シャスタについては、まずこちらをご覧ください

熊野古道についてはこちらです


 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

242人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。