京都観光の穴場のお寺!京都駅から徒歩で行く「東本願寺」美しい庭園「渉成園」がおすすめ

スポンサーリンク




 


京都観光、神社仏閣巡りはいつも人が多いです。

 

紅葉時期は、特にすごくて、京都駅前のバス乗り場は長蛇の列でした。

人人人!

 

外国人が圧倒的に多いですが、紅葉時期は日本人も多くて、びっくりでした。友人の「京都人は紅葉のピークはみられへんねん」の一言に納得・・・でした。

 

そんなときに、紅葉は見たいけど、混雑を避けて静かに過ごしたい人におすすめの場所があります!静寂、沈黙の時間を持つことができます。

「東本願寺」と「渉成園」

 

友人が私の「静かなところ」「人ごみじゃないところ」と無理難題のリクエストに応えて連れて行ってくれました。11月下旬の京都紅葉シーズン真っ只中なのに、人が少なく、素晴らしい時間を過ごすことができました!

 

京都駅から歩いてすぐ!というのも魅力!

紅葉の名所のような真っ赤なもみじが折り重なったような光景はないですが、赤もみじも銀杏もきれいでした。渉成園は期間限定でライトアップも実施されています。

 

京都の観光穴場「東本願寺」と「渉成園」をご紹介します。

 

東本願寺はお堂の中で瞑想に最適?

 

東本願寺は誰でも、御影堂、阿弥陀堂のみ入ることができます。拝観料金もありません。

 

びっくりするくらいのお堂の広さ、そして美しい!この言葉に尽きます。阿弥陀堂、御影堂の中は、本当に神聖な気が流れていますので、静かになりたいときにすごくおすすめします。祈る場所という感じでした。京都駅に近いのに、それを感じさせない、凛とした空気に包まれている場所です。

 

大きなお座敷に座っていると、信者さんなのでしょうか・・・おばさまお二人がいらして、しばらく座っていたのですが、ふっと立ち上がり他のお客様に椅子を運んであげて、親切にびっくりしました。立ち居振る舞いが慣れた感じだったので、よく拝みに来ているようでした。ちょっとした人を思いやる気持ちに触れると、こちらまで心があたたかくなります。

 

お庭を歩いていると、11月下旬は銀杏がきれいで、京都タワーもよく見えて、写真スポット! こんなところがあるなんて~と連れて来てくれた友人に感謝です。

 

 

東本願寺のお庭には、大きな銀杏の木があり、黄色!輝いていてとてもきれいでした。

 

 

東本願寺とは

東本願寺といえば、「親鸞聖人」、、、それくらいしか知らなかったのでご紹介します。

東本願寺は、浄土真宗「真宗大谷派」の本山で「真宗本廟」といい、御影堂には宗祖・親鸞聖人の御真影を、阿弥陀堂にはご本尊の阿弥陀如来を安置しています。

宗祖親鸞聖人の亡き後、聖人を慕う多くの人々によって聖人の墳墓の地に御真影を安置する廟堂が建てられました。これが東本願寺の始まりです。

 

親鸞聖人は、師・法然上人との出遇いをとおして「生死出ずべきみち」(凡夫が浄土へ往生する道)を見出されました。

人として生きる意味を見失い、また生きる意欲をもなくしている人々に、生きることの真の意味を見出すことのできる依り処を、

南無阿弥陀仏
すなわち本願念仏の道として見い出されたのです。

 

アクセス

 

  • JR京都駅より徒歩7分
  • 地下鉄:五条駅より徒歩5分
  • 市バス:烏丸七条バス停より徒歩1分

 

参拝時間

【3月~10月】5:50~17:30

【11月~2月】6:20~16:30

 

朝早くから参拝できるので、京都駅周辺のホテルに宿泊しているのでしたら、早朝参拝がおすすめです!そのあと、京都の老舗カフェでモーニング食べるなんて乙です!次回は京都のモーニングもご紹介します♡ インスタ映えのとっておきの珈琲店があります。

 

スポンサーリンク

渉成園

 

渉成園は東本願寺の別邸、東本願寺から歩いてすぐの場所です。

庭園は美しい!!! とても広くてのんびり散歩できます。

 

 

渉成園は500円の拝観料金を払うのですが、頂くパンフレットが立派で、びっくりするくらいの本でした。

 

 

渉成園は本当に美しくて、見ごたえがありました。有名な神社仏閣もいいですが、ゆっくり過ごせるので、東本願寺、渉成園はおすすめです。

 

 

池泉回遊式庭園をもつ東本願寺(真宗本廟)の飛地境内地(別邸

1641(寛永18)年に三代将軍・徳川家光から当地(約一万坪)が寄進され、石川丈山の趣向を入れた作庭がなされました。園内の諸殿は1858(安政5)年、1864(元冶元)年の二度にわたって焼失。現在の建物は明治初期から末年ごろに至る間に順次再建されたものです。

庭園には四季折々の花が咲きほこり、変化に富んだ景観は「十三景」と称されて、高い評価がなされています。

 

 

開園時間

【3月~10月】9時~17時(受付は16時30分まで)

【11月~2月】9時~16時(受付は15時30分まで)

 

 

東本願寺と渉成園を楽しんだ後は、早めのランチを京都駅でしました。12時過ぎると混むので、11時半ころにお店に行くのがおすすめです。そして、地下鉄に乗って移動して、いつもの京都の大好きなお茶屋さん「一保堂」に行きました!

 

お抹茶の気分でしたので、今回はお抹茶。

友達は、ほうじ茶を頼んでいました。それぞれに違う生菓子が来るので、半分ずつして食べました。お店の人もそのつもりで別々の生菓子を持ってきてくれています。とっても美味しいんです。そして、この一保堂で過ごす時間が、落ち着いていていいんです。京都に行ったら、絶対おすすめです

 

お値段も実はリーズナブルで、お菓子付きで650円~、お茶の種類によって値段は色々です。お土産用にお茶も購入できます。

 

 

京都老舗「一保堂」おすすめ!お茶とお菓子に癒されて!

 

【京都】お茶の老舗「一保堂」京都本店の喫茶室「嘉木」でお茶を頂きました!

スポンサーリンク

 

最後に

京都観光の穴場「東本願寺」と「渉成園」をご紹介しました。

いかがでしょうか。

 

神聖な気が漂う東本願寺!そして美しい庭園「渉成園」どちらも素晴らしいです!

 

京都駅からすぐなので、新幹線まで時間がある時に立ち寄るのもおすすめです。また、東本願寺は早朝から参拝することができますので、京都駅周辺のホテルに宿泊されている人は朝に行くのもおすすめです。

 

私が行った時はとても静かでした。心を鎮めたいとき、瞑想や沈黙の時間を持ちたいときにもお勧めします。畳の上に座って、阿弥陀如来様を拝んでいると、、、す~と抜けていく感じがします。

 

京都は本当に素晴らしい神社仏閣がたくさんあります。

 

こちらもおすすめです

【京都まとめ】神社巡りと甘味処!京都旅行のおすすめホテル紹介

【京都】龍神巡り!神社仏閣巡りで龍と繋がる!

【京都・建仁寺】座禅体験!初めて参加の感想

京都最強パワースポット7選!運気アップ!波動アップ!縁結び

 

嵐山竹林の小路が美しい!京都の自然パワースポット!嵐山・渡月橋がおすすめ!

【京都】大原三千院の見所とアクセス!庭園とお地蔵は癒し!まさかの不思議体験

 

【関連記事】


いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

258人の購読者に加わりましょう

コメントは受け付けていません。